餃子が名物の銀座のバーには、親子の涙と笑いの歴史が

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

最近、親しい友人たちと真剣に話すテーマと言えば、親や自分の老後について。

 

 

自分のことはちょっと先だとしても、親の老後については「まだ大丈夫と思っていたけれど、そろそろ決断しなければならない問題が……」とみんな口をそろえます。
例えば、今のままひとり暮らしを続けてもらっていいものか。自家用車がないと不便な場所に住んでいるけれど高齢で運転が心配、などなど。

 

 

あまりにもいろいろなケースがあるので、いつも「ひとくくりには語れないよね」という結論になってしまうのですが、それだけに「じゃあ私の場合はどう動くべき?」と考えるようになりました。

 

 

そしてこの問題は「自分自身はどんな老後を送りたいか」というテーマにつながっているだけに、みんな真剣さが増しているように思えます。

 

 

一方で本の世界に目を向けると、「4、5年前から親の老いをテーマにした小説が増えてきた!?」という感触があって。

 

 

懸命に介護をするひとり娘の胸中を描いた話、恋人の親の老いにかかわっていく男の話、孫の行動が意外にも功を奏する話……。

 

 

シリアスだったり、いい意味で肩の力が抜けていたりと物語のトーンはさまざまですが、どれを読んでも「それって自分にも起こりうるかも」「そういう考え方もあるのか」と気づかされます。
小説は実用書ではないけれど、それぞれの作家が独自の視点でこの問題に向き合っているだけに(ご自身の体験が反映されている話も多いよう)、自然とそういう読み方をしてしまうんですね。

 

 

そんなことを考えていたある日、OurAgeのふみっちーに勧められたのが『東京銀座六丁目 僕と母さんの餃子狂詩曲』(かずこ著)。
「著者名は“かずこ”なのにタイトルには“僕”?」と思いながら読み進めると、そこにはかずこさんとお母さんの波乱万丈の半生がつづられていました。
そして、かずこさんが現在老齢のお母さんをどう受け止めているのか、ということも。

 

書評_photo

『東京銀座六丁目 僕と母さんの餃子狂詩曲』
かずこ著
集英社クリエイティブ ¥1500(税別)
国語の授業で音読をするなら、ラジオドラマさながらにやりたい。文化祭で演劇をするなら、心にプロ意識を持ってやりたい。普通からはみ出しがちだった少年は、その後紆余曲折を経て、母のために銀座でバーを開業。そこで果たしたさまざまな再会とは?笑いと感動がいっぱいのノンフィクション

 

 

かずこさんの本名は和之さん。両親と兄との暮らしは裕福ではなかったけれど、お母さんが知恵とバイタリティーにあふれる人物で、一家の大黒柱的存在でした。

 

 

日々内職をしながら子どもと明るく会話をし、創意工夫していろいろな料理を作るお母さんのそばで、かずこさんはのびのびと育っていったのです。

 

 

お母さんは幼い頃のかずこさんを「ひょうきんでおもしろい子でしょ!」と言っていたそうですが、

 

 

「……おもしろいことをすれば、母さんが喜んでくれる、(中略)だから、たとえ常識外れな突飛なことでも、母さんや周囲の人に笑ってもらうためなら何でもやった。母さんを喜ばせると僕はハッピーに生きられるという、『安心』のサイクルが完成していたのだ」

 

 

これが本当の気持ちでした。

 

 

そんなかずこさんですが、じょじょに自分には女の子の友だちのほうが多いこと、女の子と一緒のほうが自然でいられることに気づいていきます。
つまり和之より“かずこ”のほうが自分にぴったりだとわかっていくのですが、反面それを人に知られることを恐れるように。

 

 

なぜなら「おかま」と言われ、いじめを受けるから……。

シェア ツイート LINEで送る
第38回
餃子が名物の銀座のバーには、親子の涙と笑いの歴史が

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top