岩山とビーチ!オマーンの隠れ家リゾート「シックスセンシズ・ジギーベイ」(後編)

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

こんにちは、旅好きミーナです。今回はオマーンへの旅行をレポート中。アラビア半島の東側、ドバイやアブダビのあるUAE(アラブ首長国連邦)の東南の隣国で、“海、絶景、ワイルドな自然が好き、でも旅行は快適じゃなきゃ”、というわがままミーナがすっかりお気に入りになった国です。

Oman political map with capital Muscat, national borders and important cities. English labeling and scaling. Illustration.

ビーチはもちろん、砂漠やオアシスに行けて、3000メートル級の山脈に山のリゾートもあって、すごく多彩な風土なんです。シックスセンシズやアナンタラ、シャングリラやリッツ・カールトンなど、名だたるホテルチェーンのリゾートもあり。欧米では、どうやら人気のデステイネーション。

 

まずは、オマーンに行ってみたいと思ったきっかけのリゾート、シックスセンシズ・ジギーベイ(Six Senses Zighy Bay)のレポート、その後編です。ドバイから岩山を超えてたどりつた、秘境ともいえる湾、ジギーベイにあります。

16oman zighy view trim

なんと全長1.6キロ、岩山にぐるりと囲まれた、ホワイトサンドのビーチです。

16oman zighy beach

雄大な景色を眺めながら、ビーチを散歩するのがよかった〜。そんなビーチでの楽しみは、「シュアシャック Shua Shack」。週2回はこちらでベドウィン族(アラビアの遊牧民)の伝統デイナー<メインは土の中でラム肉を蒸し焼きにしたもの。柔らかくて、すごくおいしかったです>がいただけるのですが、普段の日中はビーチの和みエリア。16oman zighy beachshack

そしてなんと、アイスクリームが無料で振舞われる、シックスセンシズ名物のサービスが(毎日10:00〜17:30)。フルーツをギュッと濃縮したような、マンゴーとイチゴのソルベをチョイス。このサービスはこちらの他、メインプールのバーでもあるので、ビーチ散歩がますます楽しくなっちゃいます。

17oman zighy icecream

 

 

ビーチのインパクトに負けていないのが、2つあるプール。小川(人工)から水が流れてきてるようにみえるメインプールは、椰子に囲まれ、まるでオアシスの泉の雰囲気。ランチとディナーがいただける「サマーハウス Summer House」レストランが小川のほとりにあります。

18oman zighy pool

そしてミーナお気に入りなのが、「シュアシャック」近くにあるもう一つのプール。日除けのあるスペースがあったり、椰子が生えている小島があったり、これまたナチュラル感たっぷり。こちらは塩水なので、ぷかぷか楽に浮いていられるのもナイスです。

oman zighy salt pool150

oman zighy salt pool250

 

 

前回ご紹介したように、こちらのリゾートはオマーンの村のような佇まいで、椰子などの緑も豊か。オーガニックの菜園もあり、アラブでは欠かせないナツメ椰子(date)も並木に植えられています。リゾートで見ることのできるナツメの種類の解説やその活用法を教えるボードなどもあり、馴染みが薄いアラブ文化の紹介が興味深かったです。

shukuoman zighy village walk50

20oman zighy dates

ナツメは栄養価抜群で、砂漠地帯のアラブの食文化では欠かせないもの。ミーナはけっこう好きです。朝食のビュッフェにも、もちろん並んでいます。

21oman zighy food

こちらが「スパイスマーケット Spice Market」での朝食ビュッフェのほんの一部。ものすごく種類が多く、いわゆる西洋のメニューはもちろん、アラブのパンやチーズ(写真右下の繊維状のもの)、ファラフェル(写真左下・潰したヒヨコ豆と香辛料などを混ぜて揚げたもの)など、地元のお料理もたくさんあって、目移りしてしまいます。おまけに、卵料理やパンケーキ、フレンチトーストなどはテーブルでオーダーするスタイル。ほうれん草にのったポーチドエッグ(写真上中央)、美味しくいただきました。

22oman zighy restaurant

岩山に椰子、エキゾチックな景色に囲まれていただく食事は異国情緒たっぷり。これぞバカンス、旅行の醍醐味が満喫できる時間でした。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top