あの「キュレル」から、待望のエイジングケアシリーズが登場!

プロフィール写真

ふみっちー

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

「年齢を重ねた乾燥敏感肌」とは

まさにふみっちーの肌のこと!

頼もしいシリーズの登場に感謝です♪

Cure+Wellで「Curél」

「キュレラー」という言葉を聞いたことがありますか? 「キュレル」の愛用者という意味あいで、美容ライターさんや編集者が自称し始めたよう。よくキュレルにお世話になる、つまり肌が乾燥性敏感肌に傾いてしまい、ほかの化粧品ではピリピリするときに、キュレルに助けられているという人たちの思いが込められていますよね。実は、ふみっちーもキュレラーです。

 

「キュレル(Curél)」は、そんな乾燥性敏感肌による肌トラブルに悩まされる人たちのために生まれたスキンケアシリーズ。「治癒(cure)して、より良い状態(well)に導く」をブランド名にしているそうです。

キュレル8

乾燥性敏感肌の原因が「セラミド」不足にあることに着目し、「セラミド」の働きを守って補い、潤いを与えるという「セラミドケア」を18年前に開発。杖に2匹のヘビが巻きついたマークは、ギリシア神話のヘルメスが持っていた杖、カデューサスを模したもの。欧米では医療のシンボルとされています。

キュレル2

花王の調査によると、「自分は敏感肌」と感じている人は年々増えている傾向にあるのだとか。※12〜69歳の女性(2005年は621名、2017年は640名)を対象に調査

 

これには、大気汚染や花粉といった自然環境による肌への悪影響が大いに関係していますが、外的刺激から肌を守るバリア機能への注目度が高まっていることも理由のひとつ。キュレルの市場も、それと比例して伸びているそうです。

 

 

そんな

「キュレル」から、待望のエイジングケアシリーズが登場します! 

敏感肌意識はあっても、乾燥による小じわが目立つ、肌のハリが失われたなど、エイジングケアの必要性から普通肌用を選んでいる声が多かったことから、今回の新製品が開発されたのだとか。

 

一般的なエイジングケア製品を使うと、ピリピリして痛かったり、赤くなってしまったり……。安心して使えるエイジングケア製品がないことが悩みだったのはふみっちーだけではないはず。待ってました〜♪

キュレル3

角層内部の「セラミド」が不足しがちな乾燥性敏感肌の人は、角層の柔軟性が低下しがちに。そのため、年齢と共に目まわりの小じわや額にできるしわの面積、ほうれい線の長さ・深さの悩みが深刻になる傾向にあるのだとか。

 

 

そこで、新しく登場する「エイジングケアシリーズ」では、肌に潤いを長時間留める独自の処方を採用。角質を柔軟にするよう働きかけます。

キュレル6

会場には、「角質柔軟化デモ」のコーナーが用意されていました。普通の紙3枚に、水、新技術の製剤、参考技術(今までの)製剤をスポイトで垂らし、それぞれを触らせてもらいました。新技術、スゴイです!! 紙が断然に柔らかくなってましたよ。

 

さらに、新登場の「エイジングケアシリーズ」は、加齢や紫外線などによってできる真皮性のしわにもアプローチ。肌の弾力を改善・強化することができるようです。

 

次のページで、新製品をご紹介します!

シェア ツイート LINEで送る
第143回
あの「キュレル」から、待望のエイジングケアシリーズが登場!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top