デリケートゾーンの粘膜は腕に比べて43倍も敏感!? 専用ブランド「YES」登場!


突然ですが、デリケートゾーンのケアはどうしてますか? アンダーヘアではなく、洗い方や保湿のことです。

YES4

今回は10月25日(水)より発売開始となった、イギリス発のデリケートゾーンブランド「YES」をご紹介したいと思います。

 

 

「女性向けのアダルトグッズストアを運営しているのですが、デリケートゾーンの不快感の悩みを訴える方が多いんです。その対策に必要なものを探し求めて、このブランドを見つけました」とは、上の写真で製品を持っている「YES」の日本代理店、アジュマのディレクター北原みのりさん。

YES5

「YES」は、国際的な薬品メーカーの医薬品安全部で働いていたという2人の女性によって作られたイギリス発のブランド。発表会では、Skypeを通じて右のサラさんの生の声を聞くことも出来ました。

 

 

2人はバイアグラの開発に携わっていたそうですが、女性側から「痛い」という悩みを聞くようになったのだそう。良きセックスライフのために作られたものなのに、女性にストレスを与えてしまっていた現実にとてもショックを受けた、とサラさん。

YES1

解決する製品が必要だと感じたものの、市場に出回っているものには女性の体への優しさや、環境に配慮したものがとても少ないことにも気づかされます。そこで、自分たちが世の中を変えなくては!と、サステイナブルでエシカルな製品を作ろうと決意。

 

合成成分などが及ぼす体へのリスクを知り尽くしている2人だからこそ、オーガニック認証を受けた製品を作ることにこだわり、リサーチに3年半、製品開発までは10年もの年月を費やしたそうですよ。

YES6

「デリケートゾーンの粘膜は、腕の内側と比べると43倍と経皮吸収率が高い部位とされています。そこで、可能な限り天然由来の成分を使用し、pH値もデリケートゾーンに合わせて作られています」とは、北原さん。

 

 

製品はすべて、世界最高水準と言われるイギリスのオーガニック機関SOIL ASSOCIATIONの認証を取得。本場英国では、国営の国民保健サービス『NHS』指定の全ての病院で取り扱っているほか、調剤薬局でも販売されているそう。

 

「更年期世代になり、膣が乾燥してくると性交痛も起こりやすくなるもの。イギリスでは、そんな方たちも病院を訪れて診断を受け、そのときに『YES』の製品が処方されることもあるそうです」

 

 

もうひとつ、エミー賞にノミネートされたアメリカのドラマで、女性2人(そのうちの1人はジェーン・フォンダ)がオーガニックのデリケートゾーン用ローションを開発するというエピソードがあるのだとか。それって、まさに「YES」の2人がモデルですよね!

 

 

次のページで、「YES」のアイテムをご紹介します!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第156回
デリケートゾーンの粘膜は腕に比べて43倍も敏感!? 専用ブランド「YES」登場!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top