アクシデントに見舞われた私にそっと寄り添ってくれた短編集

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

かつて自分に起きた出来事が、当時読んだ本の印象と合わさって、今も特別な余韻を残している……みなさんにはそんな経験、ありませんか?

 

 

私にとってそのひとつが、4年前のアクシデントです。
ある土曜日、自転車でクリーニング屋さんに行こうとしていたら、路地から飛び出してきた6、7歳の男の子(彼も自転車)と危うくぶつかりそうに。
どうにか衝突を避けて道路に倒れ込んだものの、右の手のひらを思い切り地面についてしまって。
あまりの痛さに病院に行くと「手首の骨がちょっと折れていますね~」とのこと。手の甲から肩までギプスで固められた私は、いきなり不自由な生活を送ることになったのです。
リハビリを終えてほぼ元通りになったのは、3か月後でした。

 

 

パソコンのキーボードがうまく打てない(原稿が書けない)、着られる服が限られる、何をするにも時間がかかるなど、利き手だけに不便は多々発生しましたが、折れてしまったものはしかたがない。

 

 

とりあえず「読書にいそしめるのはラッキー」と思うことにして、せっせと本を買い込みました。

 

 

そんなとき読んだのが、川上弘美さんの短編集『猫を拾いに』。
ひとことで言えば不思議なお話が多く、読んでいる最中はややからだが宙に浮いたような気分に。

 

 

最後のページにたどりついたときは「生きていくって一筋縄ではいかないものだ」という思いがしみじみこみ上げてきて……。

 

書評_photo

『猫を拾いに』 川上弘美 マガジンハウス ¥1500(税別) 心が近づくのは人間同士だけじゃない。地球外生物とも、怨霊とも……。ちょっと不思議で、何だか愉快な気分になる短編集

 

 

なんて間が悪いんだろう、私。
なんて反射神経がないんだろう、私。

 

 

ガチガチに固められた右腕を見てそう思いながらも、衝突しそうになった男の子が無事だったことに安堵する気持ちが大きくて、じょじょに「ま、いいか」という心境になっていった――確かケガの直後は周囲にそんな説明をしていたと思います。

 

 

もちろんそれは嘘ではありませんが、この不自由さはほとんどの人にはわからないというさびしい気持ち、「アクシデントが起きるのも人生」という妙に達観したような気持ち、ただただ間抜けな自分がおかしい気持ちなど、たくさんの感情が入り混じっていて。

 

 

自分でも整理できない混沌とした心境を、『猫を拾いに』に出てくる風変わりで豊かな感性の持ち主たちならわかってくれるのではないか。
なぜかそんな思いにかられ、自分が特別な読者であるような気さえしてきたのです。
これってまったくのひとりよがりなんですけど。

シェア ツイート LINEで送る
第41回
アクシデントに見舞われた私にそっと寄り添ってくれた短編集

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top