OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/124856/

座っている時間が長い人はウエストが太い? 基礎代謝を上げる3カ条とは?

ダイエットや健康に関心が高い人たちに注目されている「基礎代謝」

 

基礎代謝とは、ジッとしているときにも心拍、呼吸、体温の維持など生命を維持するために消費されるエネルギーのこと。味の素から日本初となる基礎代謝の向上をサポートする機能性表示食品が発売されたのを機に、そんな「基礎代謝」についてのセミナーが開催されました。

味の素1

「基礎代謝は、1日に消費されるエネルギーのうちで約60〜70%も占めています。しかし、加齢による筋肉減少に伴い、10代をピークに低下していきます」とは、東京医科大学健康増進スポーツ医学部分野の浜岡隆文先生。

味の素2

筋肉減少は活動時の代謝量低下にもつながるため、歳を重ねると1日の総エネルギー消費量も低下してしまうとか。若い頃と比べると「太りやすくなった」「しかも痩せにくい!」というのは、まさにこの影響ですよね。

 

そこで意識したいのが「基礎代謝量を維持」すること。いくつになっても筋肉量を増やせるのと同じように、基礎代謝量も心がけ次第でその低下をくい止めることができるのです。そのための3カ条について、ご紹介します。

 

1.身体を動かす

基礎代謝が一番消費されるのは筋肉です。この筋肉をつけるには運動するのが効率的! アメリカでは、肥満やメタボリック症候群予防だけでなく、結腸がんや乳がん、うつ状態の患者も運動でQOLが上がるとして、運動による健康増進・疾病予防の研究が積極的に進められているそうですよ。

味の素3

そう聞くと、運動しなくちゃ…とも思うものの、やっぱり「時間がなくて」「疲れていてヤル気が出ない」なんてこともあるもの。そこで最近注目されているのがNEAT(ニート)とか。Non-Exercise Activity Thermogenesisの略で、立ったり歩いたりなど、通常の生活行動で消費されるエネルギーのこと。

 

「NEATも、年齢と共に座位時間が増えることで減る傾向にあり、近頃はこれが健康リスクにつながるというエビデンスも出てきています」と浜岡先生。何と、座っている時間が長い人は太めの体型で、ウエストも太いという研究結果もあるそうです。ああ、まさに私のこのお腹周りは…。

 

「NEATを上げるには、横になるより座る、座るより立つ、立つより歩く。さらに家事で動いたり、散歩や買い物など外出することが効果的です」

 

運動はなかなか…でも、NEATを上げる心がけはぜひとも忘れずにいたいものです。

 

2.基礎代謝を上げる食事を摂る

味の素4

食事については、管理栄養士の北川みゆきさんが説明してくださいました。

 

次のページに続きます。

味の素5

基礎代謝を上げる食事のポイントは3つ。ミントやシナモン、唐辛子、にんにくなど「褐色脂肪細胞の活性化をサポートする成分を含む食材を使う」こと。鶏肉や豚肉、サーモンなど「たんぱく質をしっかり摂り、筋力をつけて基礎代謝を上げる」こと。そして「三大栄養素の代謝を促すビタミンB群の多い食品を使う」こと。

 

「ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂肪、ビタミンB6はたんぱく質の代謝を促します」

 

3つのポイントを取り入れたメニューを試食させていただきましたよ。その一部をご紹介します。

 

味の素6

「旬の柿をジャムにして、シナモンとレモンで香りづけしています」

 

ビタミンB2が摂取できるクリームチーズも使われています。おもてなしにも良さそうですよね。柿のなかでも、「甘柿」と呼ばれる品種がジャムにおすすめなのだそう。

味の素7

「良質なたんぱく質が摂れる鶏肉をソテーし、ミント入りのジェノベーゼソースを添えました」

 

ソースには、ビタミンB群を含むナッツ類やチーズも入れてペースト状に。見た目はもちろん、ミントの清涼感が鶏肉と相性抜群の美味しさでした。

 

 

3.褐色脂肪を活性化させる

 

さて、北川さんの「基礎代謝を上げる」メニューのポイントでも出てきた「褐色脂肪細胞」。聞いたことはあるけど、よくわからないという人も多いのでは?

味の素8

褐色脂肪について説明してくださったのは、褐色脂肪組織に関する研究の第一人者である北海道大学 名誉教授の斉藤昌之先生です。

 

次のページに続きます。

味の素9

「脂肪細胞には、2つの種類があります。体脂肪としてエネルギーを蓄えるのが白色脂肪。内臓や皮下に多く存在し、肥満することでその量は増加します」と、斉藤先生。

 

エネルギーを貯める組織として植物にも存在しているんですって。

 

「褐色脂肪は肩甲骨や鎖骨、血管など体の限られた部位だけに存在する細胞で、その量は個人差があり、肥満することでその量はさらに減少してしまいます」

 

褐色脂肪はエネルギー代謝・体温の調節に関わっており、2006年には寒冷の環境で活性化すると発見されたのだそう。そんな寒冷刺激のために、室温を1℃下げようというキャンペーンを実施している国もあるのだとか。

味の素11

さらに、寒冷刺激と同じように褐色脂肪を活性化させると認められているのが、北川さんのメニューで出てきた食品成分です。唐辛子に含まれるカプサイシンやカプシノイド、にんにくや玉ねぎに含まれるアリシンなどがあります。

 

日本初! 基礎代謝向上に
特化した機能性表示食品に注目!

 

味の素から、世界的にも注目されている褐色脂肪を目覚めさせ、基礎代謝の向上をサポートするサプリは11月7日(火)より通販限定で発売中です。

味の素10

「カプシEX」(機能性表示食品)60粒入り(約30日分)6,151円(税込、送料無料。以下同)

 

希少なトウガラシ成分・カプシノイドが主原料で、1日2粒を目安に、機能性関与成分として科学的に効果が実証された9mgを配合。とりあえず試してみたい、という人用に12粒入りお試し品(500円)もあります。

 

 

食事内容に気をつけたり、NEAT向上を心がけるとともに、こんな頼もしいサプリを味方につけるのも、良さそうですよ。

 

 

味の素kk健康ケアオンラインショップ

<前の記事

<前の記事
第160回/睡眠負債の改善に。いびきがかきにくくなる枕があるらしい⁈ …

次の記事>

次の記事>
第162回/「71歳のツヤツヤ肌」を叶えた、ホホバオイルのワックスエステルとは?…

この連載の最新記事

アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

第280回/アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

まったく新しい歯ブラシが登場!「ラジオ波」の化学反応で歯を白くする理論とは?

第279回/まったく新しい歯ブラシが登場!「ラジオ波」の化学反応で歯を白くする理論とは?

良い寝つきを左右するのは「体温」だった!?

第278回/良い寝つきを左右するのは「体温」だった!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル