オリーブオイルもヌーボーが話題! 今年度の出来栄えは…


ヌーボーとは、初物のこと。毎年11月の第3木曜日に解禁するボージョレー・ヌーボーはすっかりおなじみになりましたよね。皆さんは楽しまれましたか?

日清オイリオ1

では、オリーブオイルにもヌーボーがあるのはご存知でしたか? 早摘みしたオリーブ果実のみを使用したものをオリーブオイル・ヌーボーと呼んでいます。ワインのような解禁日はないものの、秋のわずかな期間に収穫できる早摘みオリーブを使用することから、その年のヌーボーが市場に出回り始めるのは冬頃。まさに、これからの時期ですよ。

 

最近はいろいろな産地のヌーボーが増えてきていますが、日清オイリオ「ピエトラ・コロンビナ エキストラバージンオリーブオイル」は、今年で発売15年目を迎え、今までの累計で21万本も売れているという、まさにオリーブオイル・ヌーボーのパイオニア。ろ過せずに上澄みだけを取り分ける「ノンフィルター製法」で瓶詰めした希少な季節限定品です。通販のみの販売で、イタリア・トスカーナ産のオーガニック早摘みオリーブ果実から搾油してつくられています。

日清オイリオ2

写真は、昨年の「ピエトラ・コロンビナ」。オリーブオイルの名産地として有名なイタリアの中でも、トスカーナ産は品質も歴史もトップクラス。しかし、その生産量はイタリア全体の3%にも満たないのだそう。丘陵地が多く栽培地域が限られてしまうため、とても希少価値が高いものとなっています。

日清オイリオ3

その肝心の味わいは? 今年のものを特別に試飲させていただきました。「試飲?」と不思議に思った人もいるはず。ヌーボーは試飲できるほどフレッシュでみずみずしい味わいなんです。色もキレイな緑色をしていますよね。ピリリとした辛みや苦味があるのもヌーボーならでは。トスカーナ産のオリーブオイルの味はアーティチョークやアーモンドに例えられることも多いそう。

日清オイリオ4

この日は、イタリア家庭料理研究家のパンツェッタ貴久子さんがスペシャルゲストとして登場! 「ピエトラ・コロンビナ」を使ったいくつかの料理を披露してくださいました。

 

「イタリア料理は、とても手間がかかっていそうなイメージを持たれがちです。でも実は、素材そのものの味を生かした、パパッと簡単に作れるものも多いんです」

 

そこが、和食に通ずるものがあるとも。貴久子さんの旦那様はイタリアのちょい不良(ワル)オヤジことパンツェッタ・ジローラモさん。彼も和食が大好きなんですって。

 

次のページで、貴久子さんのメニューをご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top