すぐできる、冬の手軽な温浴ケア

プロフィール写真

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

ボン・ジョルノ!こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

いよいよ、一年で最も冷え込みが激しくなる季節がやって来ました。

今日は“温浴ケア”をテーマに、誰もが手軽に取り入れられる方法をお届けしていきます。

 

<お風呂は体力を消耗する?>

寒さが増す大寒以降、年齢を重ねるにつれて何となくお風呂に入ることをためらう日があるかもしれません。

それは “ここのところ少し体力が落ちているよ!” というあなたのカラダからのメッセージ。

お風呂には体を温め、免疫力を高める働きがありますが、極端に体力が落ちてきている時はかえって逆効果。

一年で最も冷え込みが激しくなるこの季節、シャワーだけのアパートメントで、ヨーロッパの人々は上手に温浴ケアを取り入れて冬を乗切っています。

今日ご紹介する温浴ケアは、冬のヨーロッパの厳しい寒さ暮らしの知恵から生まれた、体力の消耗を最低限に抑えた効果的なメソッドです。

 

<お部屋で温浴ケア―3つのポイント―>

お風呂ではなく、お部屋でカラダを温める場合、どうしてもピン・ポイントでの温浴ケアになります。

 

まずは首などコリこわばって固くなっている部分を温め、血行を良くしてコリをほぐしてあげることが大切です。

最近は、電子レンジでチンする“首肩温浴パッド”などが出ていますので、首や肩をしっかり温めてコリをほぐしましょう。

ハイネック・シャツなどの上からパッドを乗せると肌の弱い方でも低温火傷の恐れがなく、心地よく温もります。

 

次に温めたいのは、冷えを感じやすい足首やふくらはぎです。

軽く絞ったフェイスタオルを数枚レンジでチンして、温度を確かめながら足首・ふくらはぎにしっかり巻きつけましょう。

タオルの温もりを感じなくなったら外して、温めた足首からふくらはぎに向かってオイルクリームでマッサージしておきましょう。

 

最後に、意外にこっているのが手首から肘・腕にかけての筋肉です。

同じく電子レンジで温めたおしぼりタオルの温度を確かめながら、手首、肘、腕をくるんだ上から、ぎゅっぎゅっと揉んでいきましょう。

またつかみ揉みした後で、しっかりクリームなどで保湿して下さいね。

 

<お風呂のお湯を抜く前に-足浴->

次にもう少ししっかり足を温めたい時におすすめなのが足浴です。

ヨーロッパの旅行先で見かけられたことがあるかと思いますが、ヨーロッパのサニタリーでは、トイレの横に必ずビデがあります。

一般にビデはウォシュレットの代用品と思われていますが、実際には様々な使い道があります。

冬場お風呂のないアパートメントで、ビデは「足湯」のできる最強の温浴システム。

足をしっかり温めて、ブラシで汚れを落とし、マッサージするだけで、お風呂に入った時のような“ほわぁっと感”を味わえます。

 

日本ではバスタブがありますので、もっと手軽に足湯ができますよね。

お風呂のお湯を抜く際に水深40cmくらいで一旦止めて、バスタブのへりに腰かけて足を温めれば、手軽に足湯ができます。

時間的には10分~15分程度、しっかり足を浸けて温めて頂くとカラダの方まで温もります。

この時、部屋着は着たままで膝上まで裾を巻き上げ、寒くないようにして足だけをお湯に浸けて下さいね。

また足浴で脚を温めた後は、バスタオルなどでしっかり水滴をとってクリームなどを塗りこんで保湿ケアを。

 

次ページには、今月のおすすめ銘柄をご紹介。日本のお水です。

シェア ツイート LINEで送る
第52回
すぐできる、冬の手軽な温浴ケア

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top