高カカオチョコレートを1日25g。腸の健康や肌にもいいってホント? 


先週のバレンタインまで、街にはスペシャルなチョコレートが溢れていましたね! イベント仕様じゃなくても、年中食べたいのがチョコレート。原料であるカカオに、ますます注目が集まっています。

 

チョコレートは糖分たっぷりで太る…。そんなイメージを覆したのが高カカオチョコレートです。チョコレートの原料にはカカオ豆を加工したカカオが配合されていますが、この配合比が70%以上のものが高カカオチョコレート。砂糖の配合量が少なくなっているのも特徴で、カカオ70%台のチョコレートなら砂糖配合比は通常の約1/2、カカオ80%台なら1/3、カカオ90%台なら1/10しか配合されていないとされています。確かに、カカオの割合が高いほど本当に甘くない! 90%台を食べたことがある人はご存知かと思いますが、驚くほど苦いんですよね。

チョコフォーラム3

全長20cmくらいと、かなり大きなカカオの実。この中にカカオ豆が入っています

 

また、カカオは赤ワインよりもポリフェノールを豊富に含んでいたりと、栄養価が高いことからスーパーフードとして認定されているのも大きなポイント。

 

今回は、そんなカカオをテーマに開催された明治主催の「チョコレートフォーラム」についてのお話です。現在カカオは専門家による研究があらゆる角度から進められ、新しいエビデンスが次々と発表されているのだとか。ポリフェノールだけではないカカオの魅力について、3人の教授が説明してくださいましたよ。

 

高カカオチョコレートは腸内フローラを改善する効果も!

チョコフォーラム1

高カカオチョコレートと腸の関係について説明してくださったのは、帝京大学 理工学部 バイオサイエンス学科の古賀仁一郎先生です。

 

「生活習慣病やがん、腸疾患、病原菌感染症、便秘などと大きく関わっていると考えられているのが腸内フローラ。最近の研究では、体調不良などとも密接に関わっていることがわかっています」

チョコフォーラム2

そんな腸内フローラに良いと言われているのは、食物繊維を多く含む食材をはじめ、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖や乳酸菌を含むヨーグルトなどの発酵食品。さらに、高カカオチョコレートにも腸内フローラを改善する効果があるのだそうです。

 

「カカオが腸でどのような菌を増やすのかは最近まで不明のままでした。それが研究の結果、フィーカリバクテリウムという菌が増えていることがあきらかになりました」

 

フィーカリバクテリウムはビフィズス菌、乳酸菌に続く注目の善玉菌なのだそう。

 

「酪酸という短鎖脂肪酸を大量に産生するので、健康効果への影響も大きくなります。長寿の人の腸内に多く存在することから、長寿菌とも言われています」

 

腸内フローラが動くのは朝なので、便秘対策として高カカオチョコレートを朝食前に食べるのもおすすめ、と古賀先生。個人差はあるものの、食べ続けることで効果も持続するそうですよ。

 

次のページでは、チョコレートと食べ合わせについてのお話です。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top