シミやくすみの原因は、メラノサイトが渋滞を起こしているから!?


昨年には「リンクルショット メディカル セラム」が大ヒット! 男性の購入者もかなりいたそうで、“もっと続けやすく、トライしやすいように”と、製造コスト低減をして今年から価格が見直されています。「ありがたいわぁ」と喜ぶのはまだ早いですよ。なんと、ポーラから、またしても画期的な美白ケアが登場するのです。

ホワイトショット1

説明してくださったのは、ポーラ研究所 フロンティアリサーチセンターの黒住元紀さん。認知心理学を学んでいた経験から問題点そのものだけでなく、もっと引いた視線で全体像を捉える習慣が身に付いているのだとか。そんな今までとは違う視線で美白研究に取り組んだことで、新たな発見をしたんですって!

ホワイトショット2

今までは、メラニンに集中したアプローチばかりが追求されてきました。それを、もっと引いた視線で研究するため、メラノサイトは基底層を移動していることに新着目これがメラニン生成の量に影響を与えていたと新たにわかったのだそうです。

ホワイトショット3

「メラノサイトは本来移動できる色素細胞です。それが、シミやくすみがある部位では停滞し、他の部位より約4倍も密集していたのです。するとメラニン産生量も約1.5倍と過剰になってしまうため、他の部位と比べるとメラニンの量は約6倍となってしまいます」

ホワイトショット4

そのイメージ図がスライドに映し出されました。うわぁ、やめて〜! でも、すごくわかりやすいですよね。この渋滞状態はどうにかすっきりさせないと!

 

「そこで、メラノサイトの移動に関与している因子を調べ、メラノサイトABRという遺伝子と関連があると発見しました」

 

次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top