地球の裏側・チリの首都サンティアゴで過ごしてみたら…

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

南米ペルーへ旅してからちょうど1年。
2017年12月上旬からひと月半ほど、ペルーの隣国・チリへ行ってきました。
チリで思い浮かぶことといえば

 

南米大陸の左側の細長―い国
ワインの産地

 

といったところでしょうか。
日本から飛行機を乗り継いで24時間以上かかることもあり、イメージが湧きにくい国かもしれません。

 

 

チリの有名な観光地には大迫力の氷河を望めるパタゴニアや、巨大なモアイ像が残されたイースター島などがありますが、今回私は首都サンティアゴで暮らす家族に用事があったため、訪れたのはイースター島くらい。
ほとんどの時間を過ごしたのは、サンティアゴのラス・コンデスという地区でした。

 

チリ_photo

ラス・コンデス地区の中心部にある公園(パルケ・アラウコ)

 

 

サンティアゴは600万人以上が暮らす大都市ですが、ラス・コンデスは官公庁や由緒ある建物がある旧市街地から少し離れた、新しく発展してきたエリア。
街の中心にはサンティアゴのセントラルパークと言われる!?公園(パルケ・アラウコ)が広がり、それを囲むようにオフィスビルやマンション、ショッピングモールなどが立ち並んでいます。

 

チリ_photo

高層マンションの向こうにはアンデス山地が

 

チリ_photo

高さ300メートル。南米で一番高い建物・コスタネラセンターの展望フロア

 

南半球なので季節は夏でしたが、エアコン要らずのカラッとした気候で、毎日とても快適に過ごせました。

 

 

ちなみにアンデスの山々に囲まれた盆地にあるサンティアゴは、四季はあるものの一年を通じてほとんど雨は降らず、比較的温暖な気候だそうです。
街のあちこちにオープンテラスのカフェがあったのは、それが理由なんでしょうね。

チリ_photo

街中のベンチもおしゃれ。これで夜8時頃

 

チリ_photo

街路樹に多かったのが紫色の花をつけたこの木

 

シェア ツイート LINEで送る
第43回
地球の裏側・チリの首都サンティアゴで過ごしてみたら…

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top