OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/130797/

地球の裏側・チリの首都サンティアゴで過ごしてみたら…

山本圭子

山本圭子

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

記事一覧を見る

南米ペルーへ旅してからちょうど1年。
2017年12月上旬からひと月半ほど、ペルーの隣国・チリへ行ってきました。
チリで思い浮かぶことといえば

 

南米大陸の左側の細長―い国
ワインの産地

 

といったところでしょうか。
日本から飛行機を乗り継いで24時間以上かかることもあり、イメージが湧きにくい国かもしれません。

 

 

チリの有名な観光地には大迫力の氷河を望めるパタゴニアや、巨大なモアイ像が残されたイースター島などがありますが、今回私は首都サンティアゴで暮らす家族に用事があったため、訪れたのはイースター島くらい。
ほとんどの時間を過ごしたのは、サンティアゴのラス・コンデスという地区でした。

 

チリ_photo

ラス・コンデス地区の中心部にある公園(パルケ・アラウコ)

 

 

サンティアゴは600万人以上が暮らす大都市ですが、ラス・コンデスは官公庁や由緒ある建物がある旧市街地から少し離れた、新しく発展してきたエリア。
街の中心にはサンティアゴのセントラルパークと言われる!?公園(パルケ・アラウコ)が広がり、それを囲むようにオフィスビルやマンション、ショッピングモールなどが立ち並んでいます。

 

チリ_photo

高層マンションの向こうにはアンデス山地が

 

チリ_photo

高さ300メートル。南米で一番高い建物・コスタネラセンターの展望フロア

 

南半球なので季節は夏でしたが、エアコン要らずのカラッとした気候で、毎日とても快適に過ごせました。

 

 

ちなみにアンデスの山々に囲まれた盆地にあるサンティアゴは、四季はあるものの一年を通じてほとんど雨は降らず、比較的温暖な気候だそうです。
街のあちこちにオープンテラスのカフェがあったのは、それが理由なんでしょうね。

チリ_photo

街中のベンチもおしゃれ。これで夜8時頃

 

チリ_photo

街路樹に多かったのが紫色の花をつけたこの木

 

クリスマスと新年もサンティアゴで迎えましたが、両方とも祭日ではあるものの、日本のような長い休みにはなりません。
ただプレゼントを贈りあう季節なので、ショッピングモールは大にぎわい!
ラッピングコーナーには行列ができ、ショーウィンドウにクリスマスセールの文字が躍る店もたくさんありました。

チリ_photo

ショッピングモールに飾られた真夏のクリスマスツリー

 

海外へ行く際、気になることのひとつが治安ですが、チリは南米で一番政情が安定していて、治安がいいと言われている国。
もちろんそれでも用心は必要で、旧市街地のパトロナート地区へアジア食材を買いに行った際などは、案内してくれた家族に「バッグをしっかり持って!」と言われました。
ただ、新市街地では割合安心して過ごせるよう。スーパーやショッピングモールには、常にさりげなく警備員の姿がありました。

 

チリ_photo

ショッピングモール内の書店。ここは絵本や画集が多く、宮崎駿さん関連の本も

 

治安の良さの証拠かなと思ったのが、公園(パルケ・アラウコ)の様子。
朝8時頃から夜9時頃まで、ジョギング、サッカー、ラグビー、テニス、バレーやバスケをする人たちが訪れます。
私がサンティアゴに着いた数日後には、子供用の巨大なビニールプールと人口砂浜が設置され、大勢の家族でにぎわっていました。

 

 

また芝生広場にたくさんの椅子が並べられ、夜9時半頃から映画の野外上映会をやっていたことも。
こんなナイトライフの楽しみ方も素敵ですよね。

チリ_photo

公園で毎週水曜日に開催されていた市場

 

公園の市場には1軒だけ魚屋さんも

「暮らす」感覚で過ごしたサンティアゴのひと月半でしたが、心残りは「もう少しスペイン語を勉強しておけばよかった」ということ。

 

 

ホテルや空港では英語が使えるものの(私は英語もあやしいのですが)、ほぼすべての場所で通用するのはスペイン語のみ。

 

 

困ったときはスマホの翻訳アプリを使いましたが、一生懸命覚えたスペイン語のフレーズを使ってタクシーに乗れたときはやっぱりうれしかった!
「初めてのおつかい」みたいなものですね。

チリ_photo

ヨーグルトを愛する国民性らしくスーパーの棚いっぱいにヨーグルトが!

 

 

チリ_photo

お土産を買ったワイン屋さん。チリ国内でしか流通していないワインを紹介してもらいました。アルコールがダメなので、ワインを楽しめなかったのは残念!

 

チリ_photo

ワッフル&クレープのお店にて。クランベリーのミニワッフルが飲み物つきで1200円ほど。物価はそれほど高くないが、飲食店はまあまあのお値段

 

 

帰国した翌日、関東は雪の影響で交通網が大混乱。
「一日遅かったら成田に足止めだったかも!?」と胸をなで下ろしながら、片付けや雑用に追われました。
アンデスの山々がすぐ近くに見えるサンティアゴの、雄大で都会的な景色を思い出しながら……。

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第42回/現実離れしているのに普遍的。心にしみる家族の物語…

次の記事>

次の記事>
第44回/イースター島へ行ってみた!…

この連載の最新記事

からだと心に大事な伸びやかさを「本」で体験したい!

第63回/からだと心に大事な伸びやかさを「本」で体験したい!

なぜ毒舌家のおばあちゃんが”伊集院光”にハマったのか

第62回/なぜ毒舌家のおばあちゃんが”伊集院光”にハマったのか

何歳になっても高められるのが筋力。さっそく挑戦したのは…

第61回/何歳になっても高められるのが筋力。さっそく挑戦したのは…

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル