OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/131396/

身体の不調を引き起こす二大原因、「慢性炎症」と「低体温」とは?

歳を重ねるにつれ、ちょっとの無理が体調に影響するようになったり、調子の悪さが長引いたり…。そんなときにあらためて思うのは、「何をするにも健康な身体あってこそ」。いくつになっても病院のお世話にならず過ごしたい、ときっと誰もが考えているのではないでしょうか?

サンフード1

「ホリスティック栄養学の考えでは、慢性炎症低体温がカラダを病気に向かわせる要因だと捉えています」とは、「まいこ ホリスティック スキン クリニック」の院長を務める山崎まいこ先生。消化・吸収と腸内環境に着目した、酵素をベースとする米国ホリスティック栄養学を用いた栄養指導で注目される医師です。

 

「炎症は、免疫反応という疫(病気)を免(まぬがれる)ための反応です。蜂に刺されたときなどに起こるのは急性炎症で、1週間ぐらいで治まります。自覚がないままゆっくり進み、繰り返し起きてしまうのが慢性炎症。アレルギーなどが当てはまります」

サンフード2

この慢性炎症を引き起こす原因のひとつが、活性酸素、と山崎先生。呼吸で取り入れた酸素のうちの2%は活性酸素に変わり、体内に入ってきた細菌などを退治するという大事な役割を担っています。しかし、増えすぎると正常な細胞まで攻撃してしまうからやっかいなのです。

 

「化学物質やストレス、電磁波、環境ホルモンなどによっても活性酸素は体内で過剰に発生し、脂質やたんぱく質、DNAを酸化させて機能低下を引き起こします。これが慢性炎症となり、アレルギーや生活習慣病へとつながってしまうのです」

サンフード3

そしてもうひとつの要因が、近頃問題視されている低体温です。多くの病原菌は37℃以上の高い体温で死滅するそうで、平熱は36.5℃以上が望ましいのだとか。

 

「平熱が35℃台の人は低体温です。低体温がもたらすリスクとしては、がんや血管病変、基礎代謝の低下など。がん罹患者は35℃台の人が多いとされています。また、血液ドロドロというと油っぽいもの、甘いものが好きな人というイメージがありますが、スリムな体型でも調べてみると血流が悪くドロドロになっていることも。そういう人は、やはり低体温なんです」

 

では、慢性炎症低体温を防ぐ日常生活での心がけとは? 次のページへ!

カラダを病気に向かわせる要因となってしまう慢性炎症低体温。その対策として大事なのは、腸内環境を整えること、と山崎先生。

サンフード5

「食べ物、病原菌、毒素など、体にとって良いものも悪いものも入り口となるのは腸です。それらを選別して解毒したり、合成したりしながら消化、吸収、排泄するという役割を担っています。血液の質や免疫にも腸の働きが関係しています」

 

腸内環境が乱れて悪玉菌が増えてしまうと、活性酸素が増えてしまいます。そして内蔵機能低下も低体温の原因となります。つまり、腸内環境を整えることは、便秘や肌荒れなどを改善するためだけでなく、病気を寄せつけないためにもとても重要なことなのです。

サンフード4

腸内環境を整えるためにはこの「HOPE」が大切なのだそう。「High Fiber(食物繊維の多い食事)」「Oil(良質の油)」「Pro/Prebiotics(有用菌や腸内細菌の餌)」「Enzymes(生の食品やサプリメントの酵素)」の頭文字を取った言葉で、これらの摂取を心がけることが大事だと言います。

 

「近頃注目のアーユルヴェーダの考えを取り入れるのもおすすめです。アーユルヴェーダでは、血流が悪い場合の治療にはターメリックを使います」

アーユルヴェーダとは、3,000年以上の歴史を持つインド発祥の予防医学。そんなアーユルヴェーダの食事療法を手軽に取り入れられるスパイス、ターメリックを使った新製品がサンフードスーパーフーズから新発売しました。

 

アメリカ発のサンフードスーパーフーズは、日本に上陸して5年めとなるスーパーフードのパイオニアブランド。伊勢丹や恵比寿三越、コスメキッチンなどで販売され、コアなファンを増やし続けています。

 

次のページで、新製品をご紹介します。

2月28日(水)から新発売となったのは以下の2種。

サンフード7

「オーガニック ゴールデンミルク スーパーブレンド」3,800円(税別、以下同)

 

欧米のヘルシーカフェなどでは、毒素を排出して消化機能を整えてくれるとして人気メニューとなっている「ゴールデンミルク」。牛乳にターメリック、ジンジャーをブレンドしたもので、インドでは風邪の引き始めにも飲まれているそう。こちらは、ターメリックに含まれるポリフェノール「クルクミン」の吸収を高めるブラックペッパーやターメリックの働きを助けるハーブ&スパイスなどもさらにプラス。もちろん、原材料はすべてオーガニック。アーモンドミルクなど植物性のミルクと混ぜたり、ヨーグルトやスイーツのトッピングにも。体を温めてくれそうなピリッとした後味があります。

 

サンフード8

「オーガニック ターメリックパウダー」2,000円

 

アーユルヴェーダの中でも、抗菌、抗炎症、健胃、血液浄化、血液組成生成の働きがあるハーブとして使われているターメリック。ウコンとも呼ばれるショウガ科のハーブで、実は日本でも江戸時代から使われています。こちらは、添加物を加えず、最小限の加工に留めて作られたスーパーフード。スムージーやミルク、お好みのレシピに加えるのもおすすめです。

 

サンフード9

手軽に取り入れられるスーパーフード・カプセルも3種が登場。こちらは2月28日(水)からコスメキッチンで先行発売がスタートしています。左から

 

「オーガニック ブラックマカ カプセル」4,000円
「オーガニック ターメリック&スーパーハーブ カプセル」5,400円
「オーガニック モリンガ カプセル」3,800円

 

マカは、NASAが宇宙食に採用しているほど栄養豊富なことで知られています。モリンガは、「300以上の薬効を持つ」と言われるアーユルヴェーダの薬草です。

 

スーパーフードを上手に活用して、不調知らずの身体キープに役立てたいですね。

 

サンフードスーパーフーズ

<前の記事

<前の記事
第171回/化粧下地を変えるだけで、マスクにつきにくく、ヨガ後のメイク直しがいらなくなる!?…

次の記事>

次の記事>
第173回/ロボット掃除機を使う前に床を片づけるの面倒じゃないですか?…

この連載の最新記事

アンチエイジングの肝として注目される「ポリアミン」ってご存知ですか?

第288回/アンチエイジングの肝として注目される「ポリアミン」ってご存知ですか?

歯のエナメル質を傷つけない!「研磨剤フリー」の歯みがきでホワイトニングが叶う!? 

第287回/歯のエナメル質を傷つけない!「研磨剤フリー」の歯みがきでホワイトニングが叶う!? 

動物性と植物性のたんぱく質。どちらも私たちに必要なワケは!?

第286回/動物性と植物性のたんぱく質。どちらも私たちに必要なワケは!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル