OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/131510/

温泉で春のリラックス・ケア

竹村和花

竹村和花

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

記事一覧を見る

ボン・ジョルノ!こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

太陽が少しずつ春の陽射しとなり、確実に陽が長くなってきていることに気づきます。

今日は、季節が変わり始めるこの時期にカラダを整えるヒントをご紹介していきます。

 

<季節の変わり目に自分をリセット>

太陽の光りが、少しずつ力強くなってきました。

夕方6時頃まで外が明るいことに気づくとき、毎日確実に陽が長くなってきていることを感じます。

 

春の陽射しを感じ始めるこの季節、カラダの中ではホルモン・バランスが微妙に崩れ始めます。

その兆しが、口の中にいつの間にかできるアフタ(口内炎)だったり、睡眠リズムの乱れだったりします。

睡眠には、体内時計と睡眠を促すホルモン(メラトニン)が大きく関わっていますが、そのON-OFFを切り替えているのが太陽の光です。

 

また、この時期は長い冬の間に降り積もったコリなどから自律神経の働きも乱れやすくなっています。

春がやって来る前に、まずは冬の間に溜め込んだストレスやコリをほぐし、体内環境を整えリセットしていきましょう。

 

<ご褒美温泉でリラックス>

さて、季節の変わり目に自律神経やホルモンなど体内環境を整えるリラックス法にはどんなものが良いのでしょうか。

まずはカラダのコリやストレスに効果的とされているのは、温泉です。

今はまだ少し肌寒さを感じますが、お天気の日にはご褒美温泉に出かけてみてはいかがでしょうか。

展望のよい露天風呂に肩まで浸かって、カラダをしっかり温めながら、リラックスすれば血液循環も良くなります。

また、お風呂の前にしっかり水分補給しておくことで、その後の発汗もスムーズでカラダの巡りも良くなります。

お風呂あがりのマッサージは、より温泉の効果を実感させてくれます。

「いつもと違う」予定を入れることは、心理的にもリフレッシュ効果があるとされています。

リラックスすることそのものを目的に、のんびりご褒美温泉の予定を入れてみてはいかがでしょうか。

 

<人気のヨガにもチャレンジ>

それから、もうひとつ。

既に始めていらっしゃる方もおられるかも知れませんが、人気のヨガにチャレンジするのもおすすめです。

日本でも人気のヨガですが、2000年頃から世界的な流行となっています。

イタリアでもドイツでも、“リラックス効果を実感できる”と女性を中心にとても人気があります。

年齢を問わず、ゆっくりとした動きで呼吸を整え、意識を集中するエクセサイズは、ヨーロッパでは精神性の高い異国文化と受け取られているようです。

 

日本なら温泉リゾートなどで「朝ヨガ」や「ホット・ヨガ」といった手軽に体験できるゲスト・プログラムなどがあります。

ぜひ温泉でゆっくりカラダをほぐしてトライして頂きたいと思います。

身体的なポーズを中心にした現代のヨガは、硬くなった筋肉を伸ばし、しなやかな筋肉をつくるのにも向いています。

50代からの女性にこそチャレンジして頂きたいエクセサイズと言えます。

 

 

次ページには、今月おすすめの、尾瀬の水をご紹介。

今月のおすすめ銘柄 

Natural Mineral Water from OZE(ナチュラル・ミネラルウォーターOZE)

平成の名水百選「尾瀬の郷片品湧水群」を採水地に持つミネラルウォーターです。水源地は水芭蕉の花で有名な尾瀬・日光国立公園の2000メートル級の山々に囲まれた群馬県・片品村になります。非加熱・有機膜フィルター処理によってボトリングされた、すっきりとしたナチュラル・ミネラルウォーターです。

【水タイプ】

産地泉源:群馬県/片品村

湧水温度:非公開

水タイプ:○無発泡

知覚ほか:無臭/pH7.3

ミネラル:ナトリウム0.44mg,カルシウム0.69mg,マグネシウム0.18mg,カリウム0.23mgほか ※商品表示による(per.100ml)

 

【水ソムリエのレシピ】

春が近づいて来ると、何かにチャレンジしたい気持ちがムクムクとわいてきます。年齢とともに筋肉が固くなりがちですが、少しでもカラダを動かし、手や腕や足の筋肉を伸ばすよう心がけたいものです。またカラダを動かすことで、体温が上がり汗をかくという習慣は代謝を上げる上でも効果的です。ただ、汗と一緒にミネラルもまたカラダの外に出て行ってしまいますので、運動時の水分補給ではできるだけミネラル成分の多いミネラル水を選ぶよう気を付けて下さいね。飲みにくい時は5℃以下に冷やすかクエン酸などを加えてみると水そのものの味が気にならなくなります。

<ショップ情報> インターネット販売,メーカーの公式HPほか

今すぐチェック!

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

PR
ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

PR
<前の記事

<前の記事
第55回/温泉で免疫力UP…

次の記事>

次の記事>
第57回/春のうららかヒーリング…

この連載の最新記事

長時間家で過ごすヨーロッパの暮らしがヒント。お家時間を楽しみましょう!

第81回/長時間家で過ごすヨーロッパの暮らしがヒント。お家時間を楽しみましょう!

自宅で免疫力アップするには?お風呂の入り方、発酵食品などをご紹介

第80回/自宅で免疫力アップするには?お風呂の入り方、発酵食品などをご紹介

イタリアの食と農を楽しみながら学ぶ

第79回/イタリアの食と農を楽しみながら学ぶ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル