「丸まり足指」のせいで、姿勢が悪くなっていませんか?


暖かな日も増えてきて、春の訪れを感じる今日この頃。「もうコートは暑いかな」となってきたら、足元のおしゃれも軽やかにしたいもの。フットカバーの出番です。

岡本1

最近は、靴から見えない靴下、フットカバーは春夏にパンプスやスニーカーをはくときの定番スタイルですね。

でも、「脱げやすい」ことにイライラしていませんか?

 

 

歩きながら何度もかかと部分を引っ張って履き直したり、しまいには「もういいや」と足裏でゴロゴロしたままであきらめたり…。

 

 

実は、フットカバーが脱げた状態のまま歩いていると、体の不調を引き起こす恐れもあるのだとか。説明してくださったのは、東京医科歯科大学附属病院臨床准教授の高山かおる医師。

岡本2

フットケア、接触性皮膚炎、美容を専門とし、足育研究会の代表理事も務めています

 

「フットカバーについてのモニター実験を行った結果、かかとが脱げた状態で歩くと、きちんとはけているときに比べ、歩幅がかなり狭くなることがわかりました」

 

さらに、脱げないようにと無意識に前のめりになって足先に力が入るため

 

指先が丸まって丸まり足指に。

 

これでは膝や腰に負担がかかる歩き方になってしまい、姿勢や歩き方が崩れ、全身の不調にも繋がりかねない、と高山先生。

 

 

実際にフットカバーが脱げた状態で歩いている女性の実験動画を見せてもらいました。目線は下がって猫背になり、前に傾いた姿勢で見た目にも美しくない歩き方でした。うんうん、確かにフットカバーが脱げた状態だとバランスの悪い歩き方になってしまうんですよね。

 

 

「ヒトの骨は206個あり、そのうちの56個が足にあります。足は、体を支えるために負荷のかかる、大切な部位なのです」

 

丸まり足指を放置していると、

 

ハンマートゥ足裏の横アーチの変形

悪い姿勢

 

といったトラブルを招く可能性が高まるのだとか。まさに負のスパイラルですよね。さらに足指をきちんと使えていないとふくらはぎにも影響し、

 

むくみ足

 

の原因にも。これはマズイですよ。「歩きにくい、不快だけど、まぁ仕方ない」とあきらめてる場合じゃないのです。

 

ではどうする? フットカバーをやめる? 解決策は、次のページで!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第175回
「丸まり足指」のせいで、姿勢が悪くなっていませんか?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top