OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

髪のうねり、広がり、気になりませんか? 原因となる「湿度ギャップ」とは?

外出前にしっかりスタイリングしてきたのに、髪が広がってきたり、浮き毛が出現したり。パサつきや前髪のうねりが出現することに悩まされている人も多いのでは?

花王エッセンシャル1

その原因は、湿気によって本来のクセが現れるから。雨の日って、特にひどいですもんね。毛髪内部の水分量が10%を超えると、髪は変形しやすくなってしまうのだとか。

花王エッセンシャル2

「空気中の湿度が50%程度で、毛髪内部の水分量は10%になります」とは、花王 ヘアケア研究所の西澤栄一さん。

 

雨の日は80%以上、梅雨の時季は曇りでも60%と高湿度に。さらに、日常生活の中にも髪まわりの湿度が高くなる場面が随所にあるのだそう。それは

花王エッセンシャル3

満員電車歩いているとき。湿度計付きの眼鏡をかけて計測する実験を行ったところ、満員電車や徒歩10分で髪まわりの湿度は89%に上昇したそう。確かにどちらの場面でも顔や首に汗をかいてしまいがちですが、雨の日と同じくらいの湿度になっていたとは…。※数値は一例で、環境により異なります

花王エッセンシャル4

実際に湿度計付き眼鏡をかけての計測体験ができました。何と、温かいコーヒーを飲むと前髪周辺の湿度が51%から81%に急上昇! 湯気がむわっと来るからなんですね。マスク着用時にも髪まわりの湿度が高くなってしまいます。

 

 

雨の日や梅雨の時季ではなくても、このように私たちの毎日には髪まわりの湿度が高くなる“湿度ギャップ”が起きるシチュエーションが多々あったわけです。そこで! 花王から新発想のヘアケアが登場します。次のページへ!

<前の記事

<前の記事
第176回/敏感肌の人たちに愛されるUVケアの、効果的な付け方は?…

次の記事>

次の記事>
第178回/白髪を見つけたけど時間がない!そんなときは……

この連載の最新記事

目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

第270回/目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

第269回/昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

第268回/あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル