イースター島へ行ってみた!

プロフィール写真

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

今回はチリの首都・サンティアゴ滞在中に訪れた、イースター島の思い出を。
あまり知られていない印象がありますが、周囲58㎞、総面積165㎢ほどのこの島はチリ領なんです。

 

書評_photo

イースター島の空港に着き、飛行機を降りると、こんな入り口がお出迎え。イースター島に行くには、サンティアゴ経由とタヒチ経由のみ

 

 

イースター島と言えばモアイ像ですが、高さ1.13mの小さなものから21.60mの大きなものまで、約1000体もあるそう。
それらはすべて立っているわけではなく、ときには倒れていたり、山から切り出される途中で放置されていたりします。

 

 

「なぜこんなにも巨大なものが作られたのか」「どのようにして作られ、ときには山の向こうまで運ばれたのか」など、モアイ像についてはたくさんの謎がありますが、現代科学の力でそれらに迫った部分もあるものの、いまだにすべてが解明されたわけではありません。

 

 

以前テレビのドキュメンタリー番組を観て、モアイ像の謎に興味を持っていた私は、「絶好のチャンス!」と思い、二泊三日の旅に出ることにしました。

 

 

ただ同じチリ領とはいえ、サンティアゴとイースター島は飛行機で5時間弱。チリの海岸から3700km離れていて、時差も2時間あります。
つまり南太平洋にぽつんと浮かんだ、絶海の孤島なんですね。

 

 

さてこの旅行で私が泊まったのは、ハンガ・ロア村のホテル。
ここは人口7000人ほどの村で、中心部にはのんびりした雰囲気のカフェや土産物店などもあり、散策を楽しむことができます。

 

書評_photo

ハンガ・ロア村の中心部にある入り江。こんなところにもモアイ像が!

 

書評_photo

入り江で遊ぶ子どもたち。波が高くても楽しそう

 

 

島に到着してひと息ついたのが遅い午後だったので、夕食のお店を探しつつ、ぶらぶら歩くことにしました。
お天気がイマイチだったのはちょっと残念!

 

書評_photo

ハンガ・ロア村のカフェ。波しぶきらしきものがテーブルまで飛んできた!

 

 

いよいよ次ページにモアイ登場!

シェア ツイート LINEで送る
第44回
イースター島へ行ってみた!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top