OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

イースター島へ行ってみた!

山本圭子

山本圭子

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

記事一覧を見る

今回はチリの首都・サンティアゴ滞在中に訪れた、イースター島の思い出を。
あまり知られていない印象がありますが、周囲58㎞、総面積165㎢ほどのこの島はチリ領なんです。

 

書評_photo

イースター島の空港に着き、飛行機を降りると、こんな入り口がお出迎え。イースター島に行くには、サンティアゴ経由とタヒチ経由のみ

 

 

イースター島と言えばモアイ像ですが、高さ1.13mの小さなものから21.60mの大きなものまで、約1000体もあるそう。
それらはすべて立っているわけではなく、ときには倒れていたり、山から切り出される途中で放置されていたりします。

 

 

「なぜこんなにも巨大なものが作られたのか」「どのようにして作られ、ときには山の向こうまで運ばれたのか」など、モアイ像についてはたくさんの謎がありますが、現代科学の力でそれらに迫った部分もあるものの、いまだにすべてが解明されたわけではありません。

 

 

以前テレビのドキュメンタリー番組を観て、モアイ像の謎に興味を持っていた私は、「絶好のチャンス!」と思い、二泊三日の旅に出ることにしました。

 

 

ただ同じチリ領とはいえ、サンティアゴとイースター島は飛行機で5時間弱。チリの海岸から3700km離れていて、時差も2時間あります。
つまり南太平洋にぽつんと浮かんだ、絶海の孤島なんですね。

 

 

さてこの旅行で私が泊まったのは、ハンガ・ロア村のホテル。
ここは人口7000人ほどの村で、中心部にはのんびりした雰囲気のカフェや土産物店などもあり、散策を楽しむことができます。

 

書評_photo

ハンガ・ロア村の中心部にある入り江。こんなところにもモアイ像が!

 

書評_photo

入り江で遊ぶ子どもたち。波が高くても楽しそう

 

 

島に到着してひと息ついたのが遅い午後だったので、夕食のお店を探しつつ、ぶらぶら歩くことにしました。
お天気がイマイチだったのはちょっと残念!

 

書評_photo

ハンガ・ロア村のカフェ。波しぶきらしきものがテーブルまで飛んできた!

 

 

いよいよ次ページにモアイ登場!

<前の記事

<前の記事
第43回/地球の裏側・チリの首都サンティアゴで過ごしてみたら……

次の記事>

次の記事>
第45回/直木賞受賞作家が描く、頼もしくて痛快な龍馬の妻!…

この連載の最新記事

「死ぬまで歩けるからだ」になりたいなら、まず「読む」べし!?

第55回/「死ぬまで歩けるからだ」になりたいなら、まず「読む」べし!?

明治神宮の森は無理に造った「人工物」だった! 明治から大正に変わる時に起きた大問題を描く

第54回/明治神宮の森は無理に造った「人工物」だった! 明治から大正に変わる時に起きた大問題を描く

中年男女の地味な恋愛に心を揺さぶられる…話題のロングセラー登場!

第53回/中年男女の地味な恋愛に心を揺さぶられる…話題のロングセラー登場!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル