旅の水辺&ミネラルウォーター

今月のおすすめ銘柄 

Apollinaris(アポリナリス)

西ドイツ時代の首都・ボンからRB直通列車で30分程の所にあるバード・ノイエンアールのブランド・ウォーターです。起源は19世紀にまでさかのぼり、もともと地場産であったワイン畑の実りが悪いことから、土壌調査が行われ、それによって発見された地下水源が源泉となります。ミネラルウォーターに含まれている炭酸ガスは土壌中に含まれている高濃度CO2で、これがブドウの生育を阻んでいた原因でした。

【水タイプ】

産地泉源:ドイツ/Bad Neuenahr-Ahrweiler

湧水温度:非公開

水タイプ:発泡/無発泡

知覚ほか:無臭/pH非公開

ミネラル:カリウム30mg,ナトリウム480mg,カルシウム99mg,マグネシウム120mg,炭酸水素塩1800mg,サルフェート100mg,塩化物130mg

 

<ショップ情報> ドイツ国内のみ

 

【水ソムリエの飲み方レシピ】

海外の旅先でテーブルウォーターを選ぶときは、飲みなれた銘柄が必ずしもあるわけではありません。そんな時にはぜひ発泡タイプの水をセレクトしてみて下さい。無発泡のスチールウォーターに比べ、炭酸入りのスパークリングウォーターは炭酸が舌先でプチプチ弾ける刺激から、エグ味や金属味を感じにくいという特徴があります。炭酸が苦手な方は、顆粒タイプのビタミンCやクエン酸などを加えて味を付けることで飲みやすくなります。

シェア ツイート LINEで送る
第61回
旅の水辺&ミネラルウォーター

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top