OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/136330/

削ったり溶かしたりできる濃厚激うま豆腐「BEYOND TOFU」とは?

三大栄養素のひとつ、たんぱく質は私たちの筋肉や血液をつくるのに欠かせない重要な成分。多く含まれているものと言えば肉類や魚介類、乳製品、そして「大豆」などの植物性たんぱく質は忘れてはならない存在です。

 

 

大豆から作られた食品と言えばおとうふ。近頃は、おしゃれなパッケージや変わったネーミングのおとうふもよく目にするようになりましたよね。これらを食べ比べてみると、実にいろいろな味わいがあって、素材の活かし方でこうも変化が出るのかと感動すら覚えることも!

 

 

3月31日(土)より、さらに驚きのおとうふが新登場しました。コンセプトは

 

とうふを越えたおとうふ

 

そんな新製品の発表会に登場したのは…

不二製油1

常識を越えたプロポーション!のモデル、浦浜アリサさんです。顔小さ〜い!足長〜い♡

不二製油2

「海外では、植物性100%の食材が豊富に売られています。でも、食べてみると“う〜ん、この味は…”というのも多いんです。それが、今回のこのおとうふ! 濃厚で美味しくてビックリしました。名前にぴったりな味でしたよ」

 

新製品のおとうふの名前は、「BEYOND TOFU」。とうふを超えた!とまさに直球のネーミングです。

 

「トマトとピンチョスにしたり、シーザーサラダに削ってかけたり。細くスライスしてオニオングラタンスープっぽくしても合うんです」

 

え?おとうふなのに削る? オニオングラタンスープ?「私がこれだけハードルをあげても、期待を裏切らない味ですよ」といたずらっぽく笑う浦浜さん。

不二製油6

不二製油5

上の写真が、「BEYOND TOFU」。スーパーマーケットで見かけて「これは何?」と思った人もいるのではないでしょうか? 一口サイズにカットしたキューブタイプ、まるでチーズのようなブロックタイプの2種類があります。

 

 

一体、この2つはどんなおとうふなのでしょう? 次のページへ!

「BEYOND TOFU」は、植物性100%でありながら、今までにない味・食感・質感を実現したおとうふ。

不二製油7

低脂肪豆乳を使用し、発酵の技術を取り入れることで、コクのある濃厚な味わいに。3年もの開発期間をかけて完成したんですって。

 

 

ブロックタイプは、おとうふなのに

削ってパスタにかけたり

しかも熱すると溶けるので

ピザやハンバーグの上にトッピングしたり

といった使い方が可能です。そしてキューブタイプは…

不二製油3

私たち取材陣のテーブルに「BEYOND TOFU」を使った料理が運ばれてきました。奥のピンチョスに使われています。セミハードチーズのような食感で、味わいもチーズと間違えてしまいそうな濃厚さ! おとうふをこんな風に楽しめるなんて、まさにビヨンドです!

 

 

ちなみに、ほかのメニューもすべて植物性由来食。大豆ミートを使った「ソイカツサンド」に「大豆からあげ」。マスカルポーネの代わりに豆乳クリームを使った乳・卵・小麦粉不使用のまるでティラミスのような「ティラティス」。

不二製油4

この寿司ロールは豆乳クリームから作った「ソイウニ」! ウニの味わいそのものでした。

 

 

浦浜さんがおっしゃっていた、「植物性100%だけど、食べてみると味が…」とは、ヘルシーフードが抱えている問題のひとつでもありますよね。体にとっていいものを選びたい。でも、やはり美味しくないと、また食べたいという気持ちにはなれないものです。その点、この「BEYOND TOFU」は、まさに進化したヘルシーフードだと感じました。どんな味なのか興味をもった人は、早速試してみてはいかが?

 

 

「BEYOND TOFU」ブランドサイト

<前の記事

<前の記事
第179回/首もとの横ジワ、縦ジワ、気になっているのに放置していませんか?…

次の記事>

次の記事>
第181回/ボディラインを崩す手強いセルライトに、Wでアプローチする“ピンクのオイル”って!?…

この連載の最新記事

大人世代に広まるプロテイン摂取。エンドウ豆プロテインの利点とは?

第282回/大人世代に広まるプロテイン摂取。エンドウ豆プロテインの利点とは?

古くさくない!盛りすぎない!大人の「華やかメイク」の今年流のコツとは?

第281回/古くさくない!盛りすぎない!大人の「華やかメイク」の今年流のコツとは?

アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

第280回/アスリートの腸内細菌は一般人より多様性が高い!? サッカー元日本代表・鈴木啓太氏が集めた茶色いダイヤとは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル