PR

しょうがみりん×フルーツで、初夏の爽やかスイーツ

<基本のしょうがみりん>

材料(作りやすい分量)
しょうが……100g
本みりん……200ml

 

作り方
①しょうがはよく洗い、皮はむかずに(気になる汚れをこそげ取る程度に)粗みじんにする。
②①を鍋に入れて本みりんを加え(写真a)、中火にかける。

 

写真a

↑「タカラ『国産米100%』本みりん」の注ぎ口は2種類。たっぷり使いたいときは広口、少量注ぎたいときは細口、と使い分けられます

 

③煮立ったら弱火で5~8分煮て火を止める。煮つめ加減で甘味を調整する(写真b)。

 

写真b

↑左が5分煮つめたもの。さらりとして優しい甘味。右は7~8分。甘味もしょうがの香りもしっかり。アルコールが気になる人は十分に加熱し、煮切ってください

 

しょうがみりんを使ったスイーツはこちら(第2回)でもご紹介しています。

また、味噌や酢などの基本調味料と合わせれば、しょうがみりんならではのすっきりとした甘味を生かした万能調味料として、いろいろな料理に大活躍します(活用例はこちら/第1回3回)。ぜひお試しください!

 

 

【今回使ったみりんは?】

「タカラ『国産米100%』本みりん」

らくらく調節ボトル入り、500ml/¥395

原材料は国産米100%にこだわり、本みりん造りの要である麹づくりをはじめ、仕込み・熟成・充填に至るまで、すべての製造工程を国内の自社工場で行っています。

●問い合わせ 宝酒造お客様相談室 ℡075-241-5111

 

撮影/鈴木正美  スタイリング/中野径恵  取材・文/瀬戸由美子

シェア ツイート LINEで送る

『しょうがみりん』がおいしい秘密は、使用する本みりんのおいしさ。「タカラ『国産米100%』本みりん」は、もち米と米麹から生まれた豊富な糖とアミノ酸が深い味わいを醸し出します。たとえば、オリゴ糖を中心にバランスよく含まれる9種類以上の糖が、まろやかな甘味を演出。米由来の18種類以上のアミノ酸で構成される複雑な旨味とコクは、しょうがの味わいをいっそう滋味深くしてくれます。

原材料は国産米100%にこだわり、本みりん造りの要である麹づくりをはじめ仕込み・熟成・充填に至るまで、すべての製造工程を国内の自社工場で行っています。

また、本みりんは、みりん風調味料とは異なり、効果としては、味のしみ込みをよくし、生臭みを消し、煮崩れを防ぎます。また、コク・うまみを出し、上品でまろやかな甘みをつけるのに適しています。加えて、てり・つやを出し、塩カド・酢カドを取る役割もあります。

「タカラ『国産米100%』本みりん
らくらく調節ボトル入り 500ml/¥395




OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top