ローマを楽しむための、美食の水文化 

プロフィール写真

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

ボン・ジョルノ!こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

いよいよGW!イタリアへの旅を予定されている方もいらっしゃるのでは?

今日は古代ローマの歴史を色濃く残すローマから旬の美食を紹介していきます。

 

<ローマは初夏の日ざし>

日本が桜を愛でる4月初旬、ローマには初夏のような強い陽射しが降りそそぎます。

2000年前の遺跡の中で今も当たり前に暮らす彼らにとっては日常の風景も、フィレンツェの町に馴染んだ目からすると、やはりローマはローマ。

街自体の規模感や整然と佇む遺跡の大きさ、そして吹き抜ける大きな風、そのすべてがローマならではの独特のものです。

テルミニ駅からコロッセオに向かって歩き出せば、ローマが世界中のどこにもない、唯一無二の街であることを実感します。

夏に向かってどんどん太陽が強くなるこの時期。

世界中から訪れる観光客だけでなく、地元の人々も心浮き立つように華やいでいます。

木陰に入るとスーッと涼しい風が吹き抜けるのに、陽射しは既に夏のよう。

ヨーロッパからの旅人は街歩きにも常にリッター・サイズのミネラルウォーターを持ち歩き始めています。

 

 

<美味しいものは季節のもの>

ローマで試すべきパスタと言えばカルボナーラですが、この時期ならボンゴレもおすすめです。

コロッセオやフォロの遺跡の上をカモメたちが飛び交っているのを見ても分かるように、ローマは海からも近く、海鮮も美味しいのです。

フィレンツェでは野菜やお肉が中心の食文化だった日本人は、ローマでは海鮮、

タコやアサリなど新鮮な海の幸を頂きたいというのが本音です。

イタリアの経済省や日本大使館のある官庁街には、小さくても歴史のあるリストランテやオステリアがあり、毎日根強いファンで賑わっています。

家族で営むこういった小さなお店は地元のファンで成り立っているため、お値段も控えめで味は5つ星。

例えば、お昼のスパゲッティ・ボンゴレや海鮮リゾットなどのプリモなら9ユーロ。

1Lのお水とパンが付いても12ユーロまで。

(観光客の多いフィレンツェは、ポモドーロのパスタだけで12ユーロもします!)

自家製の無塩パンを、お皿に残ったパスタ・ソースに付けて頬ばる至福の時間。

プリモを食べ終わってからでも、まだ少し物足りないという人はその段階でお肉や魚などのセコンドを追加しても、何一つ気にすることはありません。

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第62回
ローマを楽しむための、美食の水文化 

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top