黒木瞳さんが語る「夫の定年後」対策 (インタビュー/前編)


年齢を重ねるごと、美しいたたずまいを見せる黒木瞳さん。

宝塚歌劇団の娘役トップを経て映像の世界へ入り、以来、女優ひとすじに生きてきた。

「毎年、何人かの”女”たちに出会って、何か月かその人生を生きる。この役を黒木瞳に託されたという責任があります」

そう話す黒木さんが取り組んだ映画が、内館牧子さんのベストセラー小説『終わった人』を原作とする作品。

定年退職した夫(舘ひろし)は暇をもてあまし、夢も趣味もなく、かつての輝きを失っていく。そんな夫にあきれ、しだいに苛立ちをつのらせていく妻の心情をリアルに演じた。

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/近藤志保(reve) スタイリスト/後藤仁子 取材・文/水田静子

トップス¥21,000/カレンソロジー(カレンソロジー青山)  ピアス¥54,000/マリハ(マリハ伊勢丹新宿本店)

 

黒木瞳さん

Profile

くろき・ひとみ●10月5日生まれ。福岡県出身。宝塚歌劇団月組の娘役トップを務め、1985年、映画『化身』で映画初主演。以降、映画、ドラマ、舞台と活躍を続ける。『失楽園』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2016年には、映画初監督作品『嫌な女』、2017年には監督作品2作目『わかれうた』を発表。2018年5月15日~30日には、吉田鋼太郎とともに日生劇場にて舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』に出演。

 

役柄との共通項は
夫への塩対応?!

「もう絶対にやりたいです!」

出演依頼があったとき、即答したという黒木さん。

 

「なんとインパクトあるタイトル(笑)。内館さんの原作は、定年後の男性の切り取り方が新鮮ですごく面白かったですし、ホラー作品で知られる中田秀夫監督が撮られると聞いて、興奮しました。私は以前、『仄暗い水の底から』、『怪談』というホラ―でご一緒させていただいたのですが、とても信頼している大好きな監督さんなのです。その監督がホラー以外の、ごく普通の夫婦、定年後の男の悲哀といったようなものを、いったいどんなふうに捉えられるのか、もうわくわくしましたね。夫役の舘さんとも4回目のお仕事。とても包容力のある優しいかたですし、うれしい共演でした」

 

芝居には「正解がなく、それゆえに役づくりはいつも葛藤の連続です」と語る黒木さん。

「つかめた、と思ったそばから、やっぱりダメだとめげて落ち込んで。でも絶対に妥協はできませんから、その人をどう演ずるか、生きるのか。もがきながら日々を、過ごしてきました」

 

とはいえ、今作の撮影現場は、素朴で温かい人柄の中田監督のもと「くつろいだ気分になれるほど」なごやかなものだったという。

 

「美容師という私の役も、仕事を持っている女性という点で重なる部分がありましたし、夫に対して若干、塩対応のところもあるけれど(笑)、根っこではとても信頼しているところも似ていて。役柄の心に深くもぐり込んで探らなくても理解しやすかった、というところもありますね」

 

どこの家庭、夫婦にもありがちなシーンの連続に、観る側はうなづいたり、笑ったり、ほろりとさせられたり。

 

「とにかく舘さんのお芝居が本当に素晴らしかった。もう100万点のお芝居です!  ふだんはダンディなかたですけど、定年になったダメな親父の哀愁を、どこかコミカルに見事に演じていらして」

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top