ディーン・フジオカさんの拷問シーンは演技じゃなかった?!(インタビュー/前編)


ルックスの良い男なら、たくさんいる。でもこの人は、どこか特別。

端正な顔立ち、身長180㎝と長身で、鍛え抜かれたそのボディ。

日本より先に海外で活躍し、英語・中国語も堪能。音楽活動も本格的。

そんなスペシャルな存在の彼が、『モンテ・クリスト伯 ~華麗なる復讐~』で、連続ドラマ単独初主演に挑戦中だ。

1話、2話を撮り終え、3話の撮影に突入したばかりの彼に、現時点で話せるすべてを、聞いてきた!

 

撮影/加藤孝 取材・文/岡本麻佑

ディーン・フジオカさん

Profile

ディーン・フジオカ●1980年8月19日、福島県生まれ。2004年に香港でスカウトされ、モデルとして活動を開始。映画『八月の物語』(05)の主演に抜擢され、俳優デビュー。その後台湾に拠点を移し、数々のドラマ、映画などに出演。日本ではNHK連続テレビ小説『あさが来た』(15~16)の五代友厚役で、大ブレイク。2016年には自ら作詞・作曲・プロデュースを手がけたアルバム『Cycle』をリリースし、初の全国ツアー『History In The Making 2018』では2万人を動員した。主演映画『海を駆ける』は5月26日、池井戸潤原作の映画『空飛ぶタイヤ』は6月15日に全国公開予定。6月に2nd Single『Echo』をリリース。

 

そのとき僕は、

素の自分に戻っていました

インタビューしたのは第1回がオンエアされる当日(4月19日)の、午前中。ディーン・フジオカさんは朝4時起きでフジテレビに入り、早朝から夕方まで生放送に出演して番組の宣伝をする、その合間を縫っての取材だった。

 

三つ揃いのスーツをバシッと着こなし、涼やかな顔でカメラの前に。とはいえドラマの内容に合わせて、その表情はクール&シビア。ドラマ撮影中でハードな日々が続いているはずなのに、疲れはどこにも見えない。いや、見せない。

 

「連続ドラマの撮影は、始まったら怒濤の日々です。しかも今回は、今までいろいろと仕事をしてきた中で、最もシビアだったかもしれない。自分の、人間としてのサヴァイヴァル能力をフルに使いました。今の段階まで、生き残れて良かったと(笑)。いや、オーバーに言ってるわけでも冗談でもない。本気でそう思っているんです」

 

『モンテ・クリスト伯 ~華麗なる復讐~』は、日本では『巌窟王』という翻訳で知られる、フランスの文豪アレクサンドル・デュマが1844年~1846年に発表した『モンテ・クリスト伯』を原作に、舞台を現代の日本に移して作られた物語。

 

ディーンさん演じる漁師の柴門暖(さいもん・だん)は、愛する女性(山本美月)と結婚直前、遠洋漁業に出て海難事故に遭い、ようやく日本に戻ってくる。ところが暖の出世を妬む同僚(新井浩文)、恋敵の友人(大倉忠義)、保身と出世を狙う警察官(高橋克典)らが、それぞれの思惑から彼に無実の罪を着せる。暖は結婚式の途中で連行され、異国の監獄に送られてしまうのだ。身に覚えのない罪状で拷問を受け、絶望的な状況に。と、監獄の床に横たわる暖の目の前に、思いがけないところから謎の老人が現れて・・・・。というのが、1話の展開。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top