下肢筋肉量の減少は3〜40代から始まっている!? ロコモ対策の相談は、意外なあの場所で!


編集部には、いろいろな企業やメーカーから新製品発表会、セミナーの案内などが毎日のように届きます。

アイセイ1

そんな中で、ほかとはちょっと違う封筒が。裏面が薬袋のようなデザインになっています。じつはコレ、調剤薬局のアイセイ薬局が主催する「転ばぬ先のロコモ予防」というセミナーの招待状だったのです。

 

 

ロコモティブシンドローム、略称ロコモとは、筋肉・骨・関節など移動に関わる体の機能が低下し、「立つ」「歩く」などの身動きに必要な能力が衰えてしまう状態のこと。OurAgeではロコモについて幾度となく取り上げていますが…。

アイセイ2

「ロコモはメタボ、認知症と並ぶ健康寿命の短縮、要介護状態につながる3大要因のひとつであるのに、名前は知っていてもきちんと理解されていない現状があります」とは、このセミナーでロコモの基礎知識について話してくださった東十条整形外科院長、順天堂東京江東高齢者医療センター 助教の澤満美子先生。

 

ある調査によると、メタボはここ10年で理解度80%と多くの人に知られるようになったものの、ロコモは10年経っても理解度20%と低いままだったそう。

アイセイ4

厚生労働省「平成25年 国民生活基礎調査」より

 

「歩けなくなってしまった患者さんに人工関節を付ける治療をしていますが、多くの人が“手術したくない” “自分で動きたい”とおっしゃいます。では、そうならないためにはどうしたらいいのか? 要支援・要介護になってしまう原因の第1位の疾患であるロコモについての知識を持ち、早めに対策を始めて欲しいのです」

アイセイ3

谷本ら 老年医学2009のデータを一部改変

 

ロコモの症状が認められるのはほぼ60歳以上だそうですが、下肢(脚部)筋肉量の減少は30〜40代から始まる傾向にあることがわかっています。70代、80代を元気に迎えるためには、「階段が辛いなど、今までの自分と違うと気づいたときからロコモ対策を始めて」と澤先生。動けなくなってからでは、遅いのです。

 

では、ロコモ対策はどうしたらいい? 次のページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top