OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/144743/

注目の女性作家が描く警察小説は男も女も生きざまが見事!

山本圭子

山本圭子

出版社勤務を経て、ライターに。『MORE』『COSMOPOLITAN』『MAQUIA』でブックスコラムを担当したのち、現在『eclat』『青春と読書』などで書評や著者インタビューを手がける。

記事一覧を見る

「最近、よく読んでいるのは柚月裕子さんの警察小説かな」。

 

以前、知り合いの男性編集者にそう言われて「読んでみよう」と思っていたものの、機会を逃していた柚月作品。初めて読んだのは今年になってからで、ひと月半の南米・チリ滞在の間でした。

 

 

キンドルに入れておいた本をほぼ読み尽くし、「そうだ!」と思い出して購入したのが『盤上の向日葵』(いつでもどこでも買えるのが電子書籍のいいところですね)。最近話題の将棋界が舞台のミステリーですが、将棋のルールがわからない私でも一気に引き込まれるほど、濃密な人間ドラマでした。

 

 

帰国後も引き続き読んだ柚月作品の中で、「ourage世代ならいろいろな場面で共感できるはず!」と思ったのが『慈雨』。
王道の警察モノですが、同時に夫婦の、家族の物語にもなっていて、読後すぐには本を閉じたくないほど、深い余韻と手ごたえを感じました。

 

書評_photo

『慈雨』 柚月裕子 集英社 ¥1600 +税 忘れられない過去を抱えた刑事が、妻との巡礼の旅を通してみずからの道のりを振り返り、未解決事件や現在に向き合っていく。著者は1968年生まれ。『盤上の向日葵』で2018年本屋大賞2位に輝いた作家

 

主人公は元刑事の神場智則。42年勤めた警察を定年退職したばかりで、妻の香代子と四国巡礼の旅の最中です。

 

社会人のひとり娘・幸知と愛犬マーサは留守番で、幸知は神場の部下だった緒方と交際中――と書くと、幸せで充実したリタイア生活のようですが、神場の胸中は重くよどんでいます。

 

 

その理由は、16年前の幼女殺害と酷似した事件が退職前に起こり、犯人がつかまらないままだったから。

 

 

そして16年前の事件には、神場とごくわずかの人しか知らない大きな秘密があったから。
つまり、秘密の罪深さがずっと神場の心をさいなんでいたのです。

 

 

もうひとりの主人公が、幸知の恋人・緒方。彼は刑事として神場を尊敬し、神場もまた緒方の能力や人間性を買っている。退職後も幼女殺害事件を気に掛ける神場に対して、緒方は誠実に向き合おうとするほどです。

 

 

なのになぜか神場は、緒方と幸知の交際にいい顔をしない。
「神場はどうしてそんなにかたくななの?」と思うのが当然の流れですが、どうやらそこには彼の過去、特に私的な面が関係しているらしく……。

 

 

未解決の幼女殺害事件と妻との四国巡礼の旅、加えて神場の過去が折り重なるように語られていく骨太なこのドラマ。

 

 

もしかしたら最初は五里霧中な感じがするかもしれませんが、読むうちに少しずつ物語の全貌が姿を現し、事件解決の鍵らしきものも見えてきます。
同時に、登場人物たちの本当の気持ちも。

 

 

この“少しずつ霧が晴れてくる感じ”こそ、長編ミステリーの醍醐味ではないでしょうか。
そしてラストシーンで降る雨が、まさに慈雨(万物を潤し育てる雨)。
神場夫婦だけでなく、読む人の心もじんわりとうるおして、思わず涙がこぼれそうに……。

 

 

次のページに続きます。

主人公は神場ですが、私が一番心を寄せることができた人物は彼の妻・香代子でした。

 

 

山奥の寒村の駐在勤務の頃から夫の仕事を力強く支え、ときにおちゃめな顔を見せる愛すべき女性。彼女に悲しみを越えて立ち直る力があったからこそ、神場ももしかしたら彼の周辺の人々も救われたのでは、と思えてならなかったのです。

 

 

警察を舞台にした小説を数多く書いている柚月さんですが、もう一冊オススメしたい作品をと考えたとき、迷いなく頭に浮かんだのが『孤狼の血』。
今年映画化されたのでご存知の方も多いかもしれませんが、良からぬ筋との癒着を噂される刑事を中心に、激しいヤクザの抗争を描いた小説です。

書評_photo

『孤狼の血』 柚月裕子 角川文庫 ¥760 +税 昭和63年、広島の呉原東署捜査二課に配属された新人・日岡は先輩刑事・大上とコンビを組むことに。ヤクザとの癒着を噂されながらも凄腕の大上と、金融会社社員失踪事件に取り組むが……。男たちの過激すぎる戦いを描く

 

 

実は「こういう世界の話、あまり好きじゃないんだよな」と思いながら読み始めたのですが、警察とヤクザのメンツの張り合いや大胆な秘策が面白いのなんのって!

 

 

自分とは縁遠い世界の常識を逸脱したやり口にあきれながらも圧倒され、読みながら血が騒ぐ感じがしてきたのは確か。

 

 

もしかしたら、むしゃくしゃしたときや気分がイマイチ晴れないとき、読んでみるというのも一案!?つかの間別人のメンタリティーになって、スッキリするかもしれません(笑)。

<前の記事

<前の記事
第45回/直木賞受賞作家が描く、頼もしくて痛快な龍馬の妻!…

次の記事>

次の記事>
第47回/スポーツ観戦が、悩み多き日常に風穴をあけてくれる…

この連載の最新記事

ミステリーよりハラハラ、“他人事じゃない感”もダントツだった介護&がん闘病エッセイ

第57回/ミステリーよりハラハラ、“他人事じゃない感”もダントツだった介護&がん闘病エッセイ

江國香織さんの感性が見えてくる、さまざまな味の旅エッセイ

第56回/江國香織さんの感性が見えてくる、さまざまな味の旅エッセイ

「死ぬまで歩けるからだ」になりたいなら、まず「読む」べし!?

第55回/「死ぬまで歩けるからだ」になりたいなら、まず「読む」べし!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル