親が倒れた後ではもう遅い! “親に貯金があっても使えない” 落とし穴とは?


親にはいつまでも元気でいてほしいけれど、予告なしに倒れるのが世の常。父親から貯金通帳の保管場所を聞き、金銭面の準備をしたつもりだったみかさん(47歳)は、救急搬送された父親を前に、お金がなくて窮地に!?  介護・暮らしジャーナリストで「介護とお金」のスペシャリストである太田差惠子さんがひも解く、みかさんの失敗の原因は?

 

 

介護本 太田差惠子さん

太田差惠子さん

 

介護・暮らしジャーナリスト。1993年頃より老親介護の現場を取材。取材活動より得た豊富な事例をもとに「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」 等の視点で講演・執筆。ファイナンシャルプランナー(AFP:日本FP協会認定)の資格も持つ。一方、1996年親世代と離れて暮らす子世代の情報交換の場として「離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ」を立ち上げ、2005年法人化した。現理事長。著書多数。

 

 

ある企業で講演したとき、終了後に1人の女性社員が近寄ってこられました。「父親の介護で失敗してしまいました。話を聞いていただけますか」(みかさん・47歳)と……。

 

キャッシュカードが見つからない!

みかさんは家族と、東京都内在住。母親はずいぶん前に亡くなり、父親(77歳)は千葉の実家で1人暮らし。

そんな父親が、2か月前、病院に救急搬送されました。スグに「入院保証金」として10万円の現金を病院に支払う必要がありました。父親からは「何かのときは、通帳類は金庫に入っているから」と言われていたそうです。

みかさんは実家に行き、金庫を確認。父親の通帳と印鑑が入っていました。キャッシュカードは見つからなかったため、通帳と印鑑のみを携えて、銀行の窓口へ。

 

銀行の窓口

 

みかさん「父が倒れたので、代わりにおろしにきました。私は長女です。父親の通帳と印鑑です」

銀行員「お父さまの委任状をお持ちですか」

みかさん「ありませんが……。私の身分証明証とか出しましょうか」

銀行員「申し訳ございません。ご家族であっても、委任状がないとお金をおろすことはできないのです」

みかさん「委任状を書いてもらおうにも、父の意識が……」

銀行員「申し訳ございません」

入院して2か月が経過した現在も、父親の意識は混濁しており、「お金」の話をできる状況ではないそうです。 

みかさんを悩ませているのは、「お金をおろせない」という事実だけではありません。みかさんには弟がいるのですが、父親のお金がおろせないと相談したところ、「僕は、立て替えるのはムリ。ねえちゃん、頼むよ」とまるで他人事だったとか。以来、姿を見せなくなりました。

 

みかさんは苦渋の表情を浮かべます。

「私は、仕事を辞めたくない。父には施設に入ってもらおうと考えています。でも、お金が……。どうして娘なのに、お金をおろせないの」。

弟のことも腹が立って仕方がない様子。

「弟は、まるで『一抜けた』って感じ。ありえない」と。

 

 

 

みかさんはこれからどうするべき?

次のページへ⇒

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top