銀座のソニービルがGinza Sony Parkにリニューアル。大人が楽しめるポイントを解説!


8月9日(木)、銀座数寄屋橋交差点に隣接するソニービルがGinza Sony Parkとして新たに開園しました。

Ginza Sony Park2

その前日に内覧会があり、ソニー企業の代表取締役社長・チーフブランディングオフィサー 永野大輔さんのお話も聞いてきましたよ。

Ginza Sony Park3

「1966年からの旧ソニービルを、2つのステップでリニューアルしていきます。今回のGinza Sony Parkが1つめで2020年秋まで開園、2022年には新しい概念の新ソニービルを施工する予定です」

 

 

現在、東京は新しいビルが次々と建てられている建設ラッシュ。そこでSONYらしく、ほかとは違うことをしようと今回はあえて「建てない」リニューアルにしたそうです。50年以上前の設立当初からの「銀座の庭」というコンセプトを現代風に解釈して、旧ソニービルの建物を活かした公園「Ginza Sony Park」が誕生したのです。

 

 

「Ginza Sony Park」は地下4階から地上フロアまで展開。早速、見どころをちょっと駆け足でご紹介します!

 

〈地下4階〉

Ginza Sony Park4

「“BEER TO GO” by SPLING VALLY BREWERY(“ビア・トゥ・ゴー” バイ スプリングバレーブルワリー)」で楽しめるクラフトビールは16種類、季節ごとに変わるデリやグリルと一緒にどうぞ。また、同フロアにはライブスペースもあり、毎週金曜にはライブイベントも。出演者は当日に発表されるというのが、ワクワク感を高めます。

 

〈地下3階〉

Ginza Sony Park5

以前は地下駐車場だったフロアで、その面影を残した空間となっています。9月24日(月・祝)までは「Game×Parking」としてテーブルゲームや体験型ドライビングシュミレーターを設置。懐かしいインベーダーゲームなどが自由に楽しめますよ。

Ginza Sony Park6

反対側の側面には「トラヤカフェ・あんスタインド」がありました。赤いところがお店、その横の壁に虎の絵が描かれています。

 

 

こちらで製造・直売する「あんペースト(シンプル)」はGinza Sony Park限定です。小豆、砂糖、寒天のみの原料でつくられた小豆の風味が際立つ味わい。50g 432円(税込、以下同)のほか、期間限定のあんペーストなども用意されています。

 

 

今度は地下2階です。次のページへ!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top