西島秀俊さんが涙した父親の苦悩(インタビュー/前編)


アクションから時代劇、ときにユーモラスな芝居まで、自由自在。

映画にドラマに、近年ますます存在感を増している西島秀俊さん。

この秋1番の注目映画『人魚の眠る家』では苦悩する父親役を演じている。

誰もが認める演技派であり、役作りに熱心な彼が、この役に賭ける思いとは?

 

撮影/武重到 ヘア&メイク/亀田雅(The VOICE) スタイリスト/TAKAFUMI KAWASAKI (MILD) 取材・文/岡本麻佑

西島秀俊さん

Profile

にしじまひでとし●1971年3月29日、東京都生まれ。1993年のドラマ『あすなろ白書』で注目を集める。『ニンゲン合格』(99年)、『Dolls(ドールズ)』(02年)、『劇場版MOZU』(15)など多数の映画に出演。2018年の秋は『散り椿』、『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』、そしてこの『人魚の眠る家』と、出演作が目白押し。主演映画『空母いぶき』は2019年公開予定。

 

 

子を持つ父親として、

この役には覚悟が必要でした。

 

愛する子どもが事故に遭い、回復の見込みもなく、脳死状態になったら・・・・。

 

話題作『人魚の眠る家』で、西島秀俊さんは苦悩する父親を演じている。篠原涼子さん演じる母・薫子が無条件に献身的な愛情を娘に注ぐその一方で、西島さん演じる父・和昌は当初、何もできずに、とまどっているようにも見える。

 

「父親の愛と母親の愛は、どこか違うのでしょうね。僕の演じる和昌は、社会から家族を守るということに意識が向いている。社会性が捨てきれないんです。でも、途中からこの作品はすごい展開になっていて、誰も予想がつかない方向に転がり出します。

クランクインする前は僕も、この父親はクールで理性的で、でも家族の一大事に直面して愛情を取り戻す、そんな物語なのかと思っていたのですが、全然違いました。篠原涼子さんの熱演に引っ張られた、というのもありますし、自分がイメージしていた演技では間に合わない。もっと自分の内側の、奥の方を掘り起こすような、自分で自分の中に飛びこむような、そんな熱量を持たないと演じきれない役でした」

 

和昌はIT機器メーカーの2代目社長。最先端の科学技術が身近にある。娘の生命維持のためにできることはないのか? そう考えた和昌は・・・・・。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top