ビタミンAが「肌たるみ」にいい理由って?


「肌老化の悩みとして、シミや乾燥と同じくらい、たるみやほうれい線を気にしている人は多いようです」

エンビロン1

そう語るのは、まいこホリスティックスキンケアクリニック 院長の山崎まいこ先生。

 

 

「毛穴の開きやシミは、ファンデーションで隠せます。でも、影やたるみはメイクで隠すことが出来ず、しかも肌の色味より凹凸のほうが他人の目に付きやすいというデータもあります」

 

 

やっぱり!! たるみは加齢感やお疲れ感が出てしまいますし、パッと見の印象にも影響するから気になってしまうわけです。そんな肌のケアに大切なのは

 

紫外線ケア 乾燥ケア

腸内環境ケア 角質ケア

 

の4つだと山崎先生。

 

「まず紫外線は、シミを作るだけでなくコラーゲンを破壊してしまうのでエイジングが進んでしまうんですね。次に、乾燥は、バリア機能を低下させてしまうため、肌トラブルが起きやすくなります」

 

 

3つめの腸内環境を整えることに関しては、「血液の質にも影響する」」ことから、クマや肌のキメと大いに関係があるのだそう。

 

 

角質ケアにはビタミンAが効く!?

さて、紫外線はUVカット、乾燥は保湿、そして腸内環境のケアは食事内容に気をつけるなどの対策がすぐに思い浮かびますが、では、最後の「角質ケア」は? 山崎先生曰く「ビタミンAが頼もしい味方になる」のだそう。

エンビロン2

「ビタミンというとおなじみなのはビタミンCですが、実はビタミンAは肌質を変えていくチカラを持つ成分です。肌に含まれるビタミンAは、紫外線によって破壊されてしまうため、毎日補給することが大事なんです」

 

 

山崎先生は以前からビタミンAに注目し、自身のケアにも積極的に取り入れているのだそう。学術的根拠に基づいたビタミンAのケアを提唱するAケア協会のアドバイザーDr.としても活動されているんですって。

 

 

「ビタミンAは、レチノール誘導体としてスキンケアに取り入れられています。ただ、とても不安定な成分のため、配合が難しいという課題もあります」

 

 

その点、山崎先生はエンビロンに信頼を寄せているのだそう。そんなエンビロンから、この10月に新製品が登場しました。次のページでご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第220回
ビタミンAが「肌たるみ」にいい理由って?


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top