OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/topics/155755/

南果歩さんの新しい挑戦とは?(インタビュー/前編)

南果歩さんが、ギリシャ悲劇の舞台に立つ。

重い? 難解? そんなイメージを軽やかに裏切って、

彼女が演じるのならきっと、バイタリティあふれる明るい舞台になるはず。

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/黒田啓蔵(Three PEACE) スタイリスト/中井綾子(Crêpe) 取材・文/岡本麻佑

南果歩さん

Profile

みなみかほ●1964年1月20日、兵庫県生まれ。1984年に映画『伽倻子のために』(小栗康平監督)の主役でデビュー。『夢見通りの人々』(89)でエランドール新人賞、同作と『螢』(89)でブルーリボン賞助演女優賞、『お父さんのバックドロップ』(04)で高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演作に、舞台『パーマ屋スミレ』(12、16)、ドラマ『定年女子』(17)、映画『オー・ルーシー!』(18)などがある。オムニバス映画『21世紀の女の子』は2019年新春公開予定。

 

 

ギリシャ悲劇は、自分の人生を

俯瞰で見ることを教えてくれます

 

南果歩さんは、いつも明るい。

ここ10数年、取材で何回かお目にかかっているけれど、いつも元気で、素敵な笑顔を見せてくれる。

2018年12月の舞台公演に向けてインタビューに応じてくれた今回も、真っ赤なニットワンピースで、元気な姿を見せてくれた。今回演じるのは、王女イオカステ。ギリシャ悲劇『オイディプス王』のキーパーソン、オイディプスの妻で実は母でもある役だ。

 

「古典劇を演じるチャンスはなかなか巡ってきませんから、やれるときにやっておきたいんです。しかも今回は注目の若手演出家・杉原邦生さんが演出して下さるし、主役のオイディプスを演じるのが、まだ22歳の中村橋之助さん。きっとすごく現代的な、新しい『オイディプス』が生まれると思うんです」

 

本作は、紀元前に生み出されたギリシャ悲劇の最高傑作。

先王を殺害して王位についたオイディプスは、妻イオカステとの間に4人の子どもを持ち、国を治めていたが、ある日、自分が殺した先王こそ実の父であり、妻は自分の母だったと知る・・・・・。すごいお話!

 

「私も10代の頃、演劇を学んでいた学校でこの物語を知ったのですが、運命の中で人間が駒のように動かされていく、重たい話だという印象でした。でも30ン年後の今読むと、イオカステの強さ、愛情を裏打ちにした強さが理解できます。

人間は確かに運命に左右されるかもしれないけれど、でもすべてが決められているわけじゃない。宿命としてある程度は定められていても、それに抗い、変えていけるものもあるはずだって、今読むとそんなふうに感じます」

今の私たちにも通じる何かが、その舞台にはきっとあるはず。

 

「人が悩むときって、自分の心の中をじーっと見つめていますよね。だから追い詰められてしまうし、逃げ場を失ってしまうし、希望を失ってしまう。でも時間が経ったり視点を変えることで、必ず突破口は見つかるんです。

ギリシャ悲劇は長いタームで人間の営みを映し出すし、人間をこう、俯瞰で観る視点を教えてくれるんですね。物語を見ながら、自分のこともふっと俯瞰で観ることができるようになる。そういう意味でギリシャ悲劇は、今の私たちにとっても、良い教材になると思います。

20歳のとき、映画で主演デビュー。以来スクリーンやテレビドラマで数多くの作品に出演してきたけれど、舞台の彼女も素晴らしい。キレの良い身体能力とよく通る声、卓越した演技力で、いくつもの作品に挑戦してきた。

 

「でもね、自信はないんです。ふだん、夢を見ない人間なんですけど、舞台の前だけ恐い夢を見て、汗びっしょりで目が覚めます。

初日、幕が上がる直前はいつも舞台袖で幕をつかんで、後悔しているんです。”どうして私はこの仕事を受けてしまったんだろう? なんでこれをやろうと思ったの? できるわけないのに! もう、2度と舞台なんかやるものか!”って(笑)」

 

それでも、舞台が始まれば生き生きと演じ、熱い拍手を受け、カーテンコールを繰り返し、千秋楽まで駆け抜ける。

 

「ですから私、自信はないけどギリギリまで頑張るという、揺れている状態が好きなんです、きっと。揺れていないと、そのくらいの気持ちで臨まないと、舞台は良い物にならないと思っているから。

ギリギリのところで成立しているものが新鮮だし嘘がないし、観る人に届くと思うから。今回もきっと、揺れます。ギリギリのところまで自分を追い詰めて、舞台に立つと思います」

 

さまざまな経験を乗り越え、すべてを笑顔に変えてきた果歩さんが演じるギリシャ悲劇は、どんなものになるのだろう?

 

(「私の人生、面白い!」とプライベートを語った、インタビュー後編はコチラ

 

『オイディプスREXXX』(オイディプスレックス)

ソポクレス作のギリシャ悲劇を気鋭の若手演出家・杉原邦生が手がける注目の舞台。

2018年12月12日(水)~24日(月・休)

KAAT神奈川芸術劇場〈大スタジオ〉

出演:中村橋之助、南果歩、宮崎吐夢ほか

公式HP:http://www.kaat.jp/d/oedipusrexxx

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル