OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/157046/

最近よく聞く「糖化」。体内の「たんぱく質」が糖化で劣化したら元に戻らないってほんと?

食事で摂取した余分な糖質が体内のたんぱく質と結びつき、たんぱく質を劣化・変成させてしまう「糖化」。酸化や光老化と共に、エイジングを加速させる要因として注目が高まっていますよね。

 

 

「糖化によって劣化したたんぱく質AGE(糖化最終生成物)となると、本来の役割は果たせなくなり、元の糖質とたんぱく質に戻ることはありません。AGEは代謝もされますが、年齢と共に代謝が追いつかなくなり、50代になると20代の1.5倍も蓄積・増加される傾向にあります」

アムリターラ1

そうレクチャーしてくださったのは、国産オーガニックコスメ&フーズブランド「amritara(アムリターラ)」の代表である勝田小百合さん。カイロプラクター、ナチュラルアンチエイジング研究家としても活躍しています。

 

 

「私たちの体は水分を除くと約43%がたんぱく質で構成され、それらのたんぱく質は種類によって新陳代謝のスピードが異なります。例えば肝臓のたんぱく質は2週間、筋肉のたんぱく質は180日で半分が入れ替わっていますが、コラーゲンは長いものだと20年も生まれ変わりません」

体のたんぱく質のうち約30%はコラーゲンで出来ていて、髪や血液、皮膚、脳などあらゆる部位に存在しています。そのため、AGE化して蓄積されてしまうと、さまざまな弊害が引き起こされてしまうわけです。

「皮膚では、異物と判断したAGEを代謝しようと分解酵素の分泌量が増加します。代謝が過剰になり、正常なコラーゲンやエラスチンまでも分解されやすくなってしまうので肌のハリや弾力性が失われることに。シミやたるみ、くすみが発生してしまうのです」

 

 

抗糖化対策として有効なのは?

そんな糖化の対策には、まずは「糖化を防ぐ食べ方」を意識することが大切、と勝田さん。

 

 

「焼く、炒める、揚げるといった高温の調理法でAGEは爆発的に増えます。また、糖化は高血糖の時に起こりやすいので、急激に血糖値を上げる高GI食品は食べ過ぎないようにしたいもの。繊維が多い野菜や海藻を最初に食べると糖質の吸収がゆるやかになります」

 

 

そのほか、糖化を過剰に進めてしまう『紫外線』『ストレス』『睡眠不足』に気をつけることも覚えておきたいポイントとか。

 

 

とはいえ、「糖化」を防ぐことはなかなか難しい現代。そこで、「アムリターラ」では糖化にアプローチする2つのアイテムを開発したのだそうです。

次のページへ!

11月19日(月)に新発売したのは、「糖化」にアプローチするサプリメントとクリームです。

アムリターラ4

左より

「エイジリリース」(60カプセル入り)¥4,500(税別、以下同)

「エイジソリューションクリーム」¥9,600

アムリターラ6

会場には、それぞれのアイテムに配合された植物の葉が展示されていました。

アムリターラ7

サプリメントは、食前に1日2カプセルが目安。AGEは100種類以上あると言われていることから、私たちが食べているさまざまな糖に対応できるよう世界各国から7種類のハーブを厳選。

AGEの生成阻害作用が期待できる北海道産のクマザサエキス、糖化リスクに立ち向かう働きを持つとされるタイの黒ウコンエキス、糖の吸収を抑えるスペインのユーカリエキスなどが1カプセルにギュッと濃縮されています。

 

 

アムリターラ8

高保湿クリーム「エイジソリューションクリーム」は、もっちり濃厚なテクスチャー。化粧水、美容液の後2〜3プッシュを顔・首・デコルテになじませて。

糖化にアプローチする柿の葉エキスやクマザサエキス、肌のハリに働きかけるシラカバ樹液、うるおいを抱え込むシロキクラゲ多糖体など国産ハーブを25種類も使用。糖化した肌はうるおいを抱え込むチカラが低下していることから、濃密なうるおいを与えるホホバ種子油などのオーガニックオイルも配合しています。

 

 

糖化が気になる生活を送っている人はきっと多いはず。この2つのアイテムは要チェックです!

 

 

「アムリターラ」

今すぐチェック!

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

ドモホルンリンクルに踏み切れない、みんなのもやもやポイントって?

PR
ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

ドモホルンリンクルの愛用者に聞きたい。実際のところ、使ってみてどうなの?

PR
<前の記事

<前の記事
第223回/肌老化の5大原因のひとつ、肌の「菲薄(ひはく)化」の対策とは?…

次の記事>

次の記事>
第225回/「いくつになっても肌は育つ」を実感する72歳の肌を育んだホホバオイルがバームに?…

この連載の最新記事

メイクの上からセラミドケア!キュレルの新スプレーに「キュレラー」感激

第309回/メイクの上からセラミドケア!キュレルの新スプレーに「キュレラー」感激

野獣なのに洗練!?なぜD型!?新生ルンバがさらに魅力的に見える理由

第308回/野獣なのに洗練!?なぜD型!?新生ルンバがさらに魅力的に見える理由

NY生まれのヴィーガンコスメ「Awake(アウェイク)」の春の新製品。夕方のくすみ肌のメイク直しにお勧め!

第307回/NY生まれのヴィーガンコスメ「Awake(アウェイク)」の春の新製品。夕方のくすみ肌のメイク直しにお勧め!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル