アラフィフ以降に増える「内臓脂肪」。効果的な3つの撃退法とは?


全国に352店舗を構え、お薬を渡すだけじゃなく、病気にならないための正しい情報発信にもチカラを入れているアイセイ薬局。

アイセイ薬局1

1つの症状にフォーカスしたヘルス・グラフィックマガジンも年4回(1月・4月・7月・9月の各15日)発行し、今までに取り上げたテーマは「眼精疲労」「冷え性」「ストレス」など。OurAge世代が気になるものばかりですよ。

 

専門家の監修のもとに、有益な予防医療情報、セルフケアに役立つ健康情報などが紹介されています。

アイセイ薬局2

現在配布中なのが「内臓脂肪」をテーマにしたこちら。おなかの脂肪が苦しそうな顔に見えるインパクトのある表紙です。

アイセイ薬局4

アイセイ薬局283店舗ではヘルス・グラフィックマガジンと連動した「ヘルスケアショップ」も展開。現在は「内臓脂肪」対策におすすめの機能性食品、特定保健用食品などが並び、気になるものがあれば薬剤師さんがアドバイスをしてくれます。

 

 

男性も女性も、アラフィフ以降こそメタボに注意!

アイセイ薬局5

さて、内臓脂肪とは、皆さんご存知の通り内臓に蓄積した脂肪で、過剰な状態が内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム=通称メタボ)です。

 

平成26年の「厚生労働省白書」によると、男性では50歳以上になるとほぼ半数がメタボの疑いがあり、女性も40代より50代、60代と歳を重ねるにつれメタボの疑いがある人が増えているとされています。

アイセイ薬局10

自分が太っているかどうかは体重で判断しがちですが、気をつけたいのは、体重や見た目が標準でも、実は「内臓脂肪はたっぷり」という“隠れ肥満”。

 

一番正確に測れるのは腹部のCT検査ですが、健康診断などでは男性は腹囲85cm以上、女性90cm以上が予備軍と判断され、近頃は内臓脂肪が測定できる家庭用体組成計も増えていますよね。

 

そんなメタボを放置していると、動脈硬化を経て脳卒中や心疾患、糖尿病合併症などのリスクが高くなってしまうから大変!

 

 

では、メタボが深刻になる前に自分でできる対策とは? 同マガジンで監修を担当した先生など、さまざまな角度から「内臓脂肪」に関連したお話を伺うことが出来ました。次のページでご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top