OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/159094/

ネックストレスは睡眠中に改善。試行錯誤の末に誕生した整体まくら「THE MAKURA」とは? 

「整体でゆがみを整えても、また翌週にはあちこちが痛い、辛くなったと訪れる患者さんがいることから、週1回の施術には限界があると感じていました。この解決策として、自宅でケアする方法を模索しました」

クワトロハート1

そう語るのは、都内で16店舗の整体スタジオを展開するクワトロハートの代表である熊谷剛さん。今までに4万人以上を施術してきただけでなく、「疲労回復協会」の会長も務め、技術指導をした整体師は1,200人以上!とか。

 

そこで熊谷さんは、疲れの原因となる“体のゆがみ”を取り除く寝具シリーズ「CURE:RE(キュアレ)」を開発。手にしているのは、今回バージョンアップして耐久性などを高めた整体まくら「THE MAKURA」です。

クワトロハート2

スマホが普及し、いつでも「コレは何?」と思ったらすぐにスマホで検索する人が多くなった現代。とても便利ですが、首へのストレスが続いていることが大きな問題、と熊谷さん。

 

「首には脳に酸素や栄養を運ぶ血管、老廃物を排出するリンパ管、脳から全身に指令を送る神経系も通っています。そんな重要な働きを担いながらも、常に重い頭を支えているため負担がかかりやすい部位です」

 

さらに、いつも下を向いているなど過度のストレスが続くことで、血管やリンパはますます循環不足に! 「代謝が低下してゆがみが生じ、体のだるさや疲れを招いてしまうのです」

クワトロハート5

そんな “ネックストレス” を改善するのに効率的なのが、睡眠時間を利用すること。正しいまくらを使うことでめぐりが良くなり、体全体のゆがみ解消にもつながると語ります。

 

「日中、私たちは重力に抵抗して動いていますから、あらゆる部分に負荷がかかってゆがみが生じます。そこで睡眠中にゆがみを取り除きたいわけですが、使うまくらが首にフィットしていないと、かえって首に負担をかけてしまうことになります」

 

まくらに大切なのは、首のアーチを作るのではなく、アーチを支える形状なんですって。

クワトロハート3

「一般的なまくらは、首から頭部をアーチ状に支えています。この形状だと、頭蓋骨内部にある一番端の頸椎を支えることができていません」

クワトロハート4

「そこで、すべての頸椎に負担をかけない独自の三段構造を開発しました。首の付け根から肩までをしっかり支える形状です」

 

理想的なフォルムが完成するまで、タオルを1枚ずつ重ねて調整したりと、多くの人に寝てもらって試行錯誤を繰り返したのだそう。完成した独自の三段構造は特許(意匠登録)も取得しているんですって。

 

 

 

さて、このまくらの寝心地は? 次のページでご紹介します。

「まくらでネックストレスを解消することで、めぐりが良くなり、自然治癒力もきちんと働くようになります」

クワトロハート6

心臓から流れる血液が全身をめぐって再び心臓に戻るまでは約1分間とされていることから、3分寝ただけでも血流が良くなり、可動域も広がるのだそう。そこで、まずは寝る前に血管スコープでモデルさんの血流を測定。可動域もチェックしました。「これ以上の回転はキツそうですね」

クワトロハート7

まくらに肩まできちんと乗せ、3分寝ます。かなり深い位置に頭を乗せるのが特徴です。

 

幅60cmなので、横向きでも、寝返りを打っても快適に眠れますが、整体効果を得るには最初の10〜20分は仰向けで寝るのがおすすめとか。

クワトロハート8

3分寝た後に、血管スコープでの血流と可動域を再びチェック。おお〜、血流は少し良くなり、腕は後ろのほうまで動くようになってます〜。「体が軽くなりました!」とモデルさん自身もビックリしていましたよ。

 

クワトロハート11

クワトロハート9

私たち取材陣も、血管スコープで血流測定&3分寝る体験をしました。まず、驚いたのが枕に頭を乗せた途端に呼吸がすごく楽に、深くなったこと!

 

「ゆがみが生じていると、呼吸がしにくくて浅くなるんです。寝ている間は6000〜1万回も呼吸すると言われています。寝ている間中、浅い呼吸でいるのか、ネックストレスを解消して深い呼吸が出来るようになるか。この差が血流にも影響を及ぼします」

 

1日の疲れを癒す睡眠は、質の良さが大切。そのためには、寝具も吟味が必要だとあらためて感じました。3分じゃなく、もっとこのまま寝ていたい〜♡と感じた寝心地でしたよ。

クワトロハート10

12月10日(月)発売
「THE MAKURA」
税別¥30,000

 

「人によって合うまくらの高さや硬さは違うのでは?」という今までの常識を覆すまくら。“ヒトの首の骨は7つ” という構造に合わせて作られているため、男女問わずにしっくりくる高さと硬さになっています。中身は頭の重みに耐えられる特注のゴムパイプ素材を使用。定期的に中身が均一になるよう、全体をならしたり、空気を入れるように揉んで型を整えることで、良い状態を長く保てます。

 

東京・新宿にあるCURE:REのコンセプトショップ「CURE:REテラス」では、この枕を実際に試すことができるほか、ネックストレスのチェック、体の可動域や血管スコープ測定など、今回の取材陣と同様の体験も無料で行っています。

 

「CURE:RE」

<前の記事

<前の記事
第226回/お肉と真っ向勝負!「大豆」はどこまでハンバーグになれる?…

次の記事>

次の記事>
第228回/使いやすさを追求してたどり着いた「ノーズレス」! この家電の正体は?…

この連載の最新記事

歯のエナメル質を傷つけない!「研磨剤フリー」の歯みがきでホワイトニングが叶う!? 

第287回/歯のエナメル質を傷つけない!「研磨剤フリー」の歯みがきでホワイトニングが叶う!? 

動物性と植物性のたんぱく質。どちらも私たちに必要なワケは!?

第286回/動物性と植物性のたんぱく質。どちらも私たちに必要なワケは!?

スキンケア革命!美肌へ導く「湿潤環境膜」とは?

第285回/スキンケア革命!美肌へ導く「湿潤環境膜」とは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル