ネックストレスは睡眠中に改善。試行錯誤の末に誕生した整体まくら「THE MAKURA」とは? 


「整体でゆがみを整えても、また翌週にはあちこちが痛い、辛くなったと訪れる患者さんがいることから、週1回の施術には限界があると感じていました。この解決策として、自宅でケアする方法を模索しました」

クワトロハート1

そう語るのは、都内で16店舗の整体スタジオを展開するクワトロハートの代表である熊谷剛さん。今までに4万人以上を施術してきただけでなく、「疲労回復協会」の会長も務め、技術指導をした整体師は1,200人以上!とか。

 

そこで熊谷さんは、疲れの原因となる“体のゆがみ”を取り除く寝具シリーズ「CURE:RE(キュアレ)」を開発。手にしているのは、今回バージョンアップして耐久性などを高めた整体まくら「THE MAKURA」です。

クワトロハート2

スマホが普及し、いつでも「コレは何?」と思ったらすぐにスマホで検索する人が多くなった現代。とても便利ですが、首へのストレスが続いていることが大きな問題、と熊谷さん。

 

「首には脳に酸素や栄養を運ぶ血管、老廃物を排出するリンパ管、脳から全身に指令を送る神経系も通っています。そんな重要な働きを担いながらも、常に重い頭を支えているため負担がかかりやすい部位です」

 

さらに、いつも下を向いているなど過度のストレスが続くことで、血管やリンパはますます循環不足に! 「代謝が低下してゆがみが生じ、体のだるさや疲れを招いてしまうのです」

クワトロハート5

そんな “ネックストレス” を改善するのに効率的なのが、睡眠時間を利用すること。正しいまくらを使うことでめぐりが良くなり、体全体のゆがみ解消にもつながると語ります。

 

「日中、私たちは重力に抵抗して動いていますから、あらゆる部分に負荷がかかってゆがみが生じます。そこで睡眠中にゆがみを取り除きたいわけですが、使うまくらが首にフィットしていないと、かえって首に負担をかけてしまうことになります」

 

まくらに大切なのは、首のアーチを作るのではなく、アーチを支える形状なんですって。

クワトロハート3

「一般的なまくらは、首から頭部をアーチ状に支えています。この形状だと、頭蓋骨内部にある一番端の頸椎を支えることができていません」

クワトロハート4

「そこで、すべての頸椎に負担をかけない独自の三段構造を開発しました。首の付け根から肩までをしっかり支える形状です」

 

理想的なフォルムが完成するまで、タオルを1枚ずつ重ねて調整したりと、多くの人に寝てもらって試行錯誤を繰り返したのだそう。完成した独自の三段構造は特許(意匠登録)も取得しているんですって。

 

 

 

さて、このまくらの寝心地は? 次のページでご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第227回
ネックストレスは睡眠中に改善。試行錯誤の末に誕生した整体まくら「THE MAKURA」とは? 


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top