OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

世界で一番眠れていない日本人女性のために、睡眠の質を変える香りを科学的に検証!

ある調査によると、世界中で一番眠れていないのが日本人女性なんだとか。

カラーズ3

そんな眠りに関して、カラーズが展開する東京発のホリスティック精油美容ブランド「ザ パブリック オーガニック」は、睡眠への不満トップ5として

 

1. 寝ても疲れがとれない

2. 何度か目が覚める

3. 朝すっきりと起きられない

4. なかなか寝付けない

5. 眠りが浅く睡眠時間が少ない

 

に着目。眠りの悩みって「時間が足りない」だけじゃなく、それがどう体に影響するかで変わってくるものなんですよね。あなたに当てはまるのは何番でしたか?

 

 

眠りのための香りを
睡眠専門医×精油専門家×植物療法士が共同開発

この現状を踏まえて誕生したのが、“精油の力で眠りを変える”をコンセプトにした新製品です。

 

睡眠専門医である白濱龍太郎先生、精油の専門家である医学博士の塩田清二先生という2人のスペシャリストの協力を得て、カラーズの植物療法士がこれらにアプローチする香りの開発に取り組んだのだそう。

カラーズ6

脳血流量測定、自律神経バランス、ホルモン測定、脳波測定などの検査メソッドを取り入れて「眠りの質を変える」香りを科学的に分析したんですって。カラーズ4

香気成分の選定、効果測定の段階で開発に協力したという塩田先生です。

 

「食欲を抑えたり、認知症の症状を緩和したりと、香気成分が脳に直接届いて内分泌作用などに影響を及ぼすことがわかっています。では、睡眠の悩み解決にはどう役立てることが出来るのか、今回の測定では取り組み甲斐のある結果が出ました」

カラーズ5

「香りがにおい分子として鼻腔に入ると、鼻腔上部にあるにおいセンサーである嗅上皮(きょうじょうひ)、においの情報処理をする脳の嗅球(きょうきゅう)へとリレー式で伝わります。五感のうち、嗅覚だけは脳に直接伝わるため、その作用は素早いんですね」

 

さらに、選定では香りによって活性化する脳の部位が異なることにも着目。

 

「例えばペッパーの香りを嗅ぐと側頭葉の血流量が増え、レモングラスは前頭葉の血流量が増えて活性化されます。そんな脳への伝わり方も考慮しながら、5つの睡眠悩みに対応するラベンダーを軸に、眠りが浅い、中途覚醒してしまうなど違う悩みに対して良い影響を与える精油を選定しました」

 

次のページに続きます。

<前の記事

<前の記事
第228回/使いやすさを追求してたどり着いた「ノーズレス」! この家電の正体は?…

次の記事>

次の記事>
第230回/長寿遺伝子に着目したスキンケアで、美肌寿命も延びる!?…

この連載の最新記事

目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

第270回/目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

第269回/昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

第268回/あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル