OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ④今を楽に生きるためにすぐにできること

羽田美智子

羽田美智子

1968年生まれ。女優として映画、ドラマ、テレビ、CM、ラジオなどで幅広く活躍。映画『この道』( 2019年1月11日公開)に出演。羽田美智子オリジナルアロマミスト発売中。http://lespros.co.jp/special/michiko_hada/m-aroma/index.html
羽田美智子オフィシャルブログ https://ameblo.jp/hada-michiko/
Instagram : michikohada

 “自分磨き”のための大人の手習い

Vol.10 【最終回】

 

女優の羽田美智子さんが精神科医であり禅僧でもある川野泰周さんに「すきま瞑想」についてお話を伺っていく本連載。情報過多な社会で、人々の価値観やモラルも変わりつつある今、私たちの体や心には疲れがたまっていると川野さんは言います。少しでも肩の力を抜いて前へ進むには、どうしたらいいのでしょうか。

 

 

今を楽に生きるために
今日からできる3つのこと

[羽田さん]ニット¥49,000(ハイアリン)・パンツ¥30,000(セラドア)/ストラスブルゴ イヤリング¥22,000・イヤリングチャーム¥13,000・リング(指先から順に)¥26,000・57,000/アガット

 

01

呼吸に集中して
フル回転している脳を小休止

10年前と比べ、情報量は1000倍以上といわれます。しかし私たちの脳の情報処理速度は昔と変わらないため、つねに脳内はマルチタスク(複数の作業を同時にもしくは短期間に並行して行うこと)状態に置かれているといえます。「私のクリニックには、脳が疲弊し、極度の疲労からうつ病や不安障害、自律神経失調症など、さまざまな不調を抱えた方が訪れますが、そのたびにマインドフルネスを提案しています。重要なのは、いったん脳をリセットして休ませてあげること。心を無にするのではなく、ひとつの対象に注意を向けるような瞑想をすることを指導します。例えば、ふわふわに泡立てた洗顔フォームで顔を洗う、好きなコーヒーをひと口ずつ大切に味わうなど、どんなことでもいいのです。これが"今"に集中できて、脳の疲れを取るのに有効な方法なのです」

 

次ページに続きます。

<前の記事

<前の記事
第34回/羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ③「気づき」と「受容」がぶれない自分をつくる…

次の記事>

次の記事>
第36回/羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ⑤いよいよ実践!「静座瞑想」をご紹介…

この連載の最新記事

羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ⑥「歩く瞑想」を実践しました

第37回/羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ⑥「歩く瞑想」を実践しました

羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ⑤いよいよ実践!「静座瞑想」をご紹介

第36回/羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ⑤いよいよ実践!「静座瞑想」をご紹介

羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ④今を楽に生きるためにすぐにできること

第35回/羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ④今を楽に生きるためにすぐにできること

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル