羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ②自己肯定感を高めるマインドフルネスとは?

プロフィール写真

羽田美智子

1968年生まれ。女優として映画、ドラマ、テレビ、CM、ラジオなどで幅広く活躍。映画『この道』( 2019年1月11日公開)に出演。羽田美智子オリジナルアロマミスト発売中。http://lespros.co.jp/special/michiko_hada/m-aroma/index.html
羽田美智子オフィシャルブログ https://ameblo.jp/hada-michiko/
Instagram : michikohada

“自分磨き”のための大人の手習い

Vol.10 【最終回】

 

女優の羽田美智子さんが、精神科医であり禅僧でもある川野泰周さんに「すきま瞑想」についてお話を聞く本連載。前回は、自分が我慢しているのだということにまずは気づくことが大切であることを学びました。今回は、自己肯定感を高めるマインドフルネスについてお話を伺っていきます。

 

 

羽田 一人で悩んでいるときにマインドフルネスを、と思っても、これで正しいのか迷ってしまうんです。

 

川野 まず、簡単な方法を紹介します。ヘアゴムをどちらかの手首につけておき、自分を責める気持ちや“ああ、私もうだめだ”と思った瞬間、逆の手首につけ替えます。次に思ったらまた逆へ。こうするうちに自分を責める気持ちに気づくクセがつきます。気づけば、ケアできますからね。

 

羽田 なるほど、簡単ですね。

何事も人と比べないこと。自分を慈しむ心が心と体を整えていきます

 

川野 マインドフルネス=呼吸瞑想と思うと難しいと感じるかもしれませんが、これはひとつの手段。何か悩みを感じたら、好きなコーヒーやスイーツをいただくこともマインドフルネス。今は悩んでいることを考えず、スイーツを楽しむ時間だと思ってひと口ひと口大事に、香りや色合いを楽しみながら食べると、心が回復してきます。自分の感覚を楽しむこと、それらすべてがマインドフルネスになるのです。

 

羽田 ご著書『ずぼら瞑想』を読んで、瞑想に対するハードルが下がりました。瞑想を通して人間の原点に戻ることが必要なのだとも感じました。

 

川野 自分を認めてあげることで誰の賞賛にも執着しなくなり、楽に生きることができるようになるんですよ。

 

 

 

お話を伺ったのは…

Taishu Kawano
川野泰周さん

1980年生まれ。精神科・心療内科医。臨済宗建長寺派林香寺住職。RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。医学部卒業後、建長寺専門道場にて禅修行、2014年より上記寺院の住職に。寺務のかたわら、クリニックにて精神科治療に従事。薬物療法と並行して、禅やマインドフルネスの実践を含む心理療法を取り入れた治療に定評がある。『ずぼら瞑想』(幻冬舎)など著書多数

 

 

次回も引き続き、川野さんにお話を伺っていきます。

 

 

撮影/宮本直孝 ヘア&メイク/木下 優(ロッセット) スタイリスト/坂本久仁子 構成・原文/向井真樹

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第33回
羽田美智子さんも体験「すきま瞑想」のすすめ②自己肯定感を高めるマインドフルネスとは?


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top