奥田瑛二さんが語る生と死と、妻との関係(インタビュー/前編)


シブくてダンディ、大人の男の色気がビシバシ伝わってくる俳優・奥田瑛二さん。

主演映画『洗骨(せんこつ)』が間もなく公開される。

切れ者、クセモノ、クールで情け容赦ない男のイメージが、本作では大逆転。

優柔不断で意志薄弱、グズグズのダメ男っぷりに、びっくり!

ベテラン俳優の奥田さんは何を思って今、この作品にチャレンジしたのか?

 

撮影/萩庭桂太 取材・文/岡本麻佑

奥田瑛二さん

Profile

おくだ えいじ●1950年3月18日、愛知県生まれ。1979年『もっとしなやかに もっとしたたかに』で映画初主演。ドラマ『宮本武蔵』(84年/NHK)や『男女7人夏物語』(86年/TBS)で人気を博し、映画『海と毒薬』(86年)で毎日映画コンクール男優主演賞、『千利休・本覚坊遺文』(89年)で日本アカデミー主演男優賞、『棒の哀しみ』(94年)でキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞。近年の出演作に『64-ロクヨン-』(2016年)、『散り椿』(18年)など。また映画監督としても才能を発揮、『長い散歩』(06年)をはじめ、高く評価されている。妻はエッセイストでコメンテーターの安藤和津、長女は映画監督の安藤桃子、次女は女優の安藤サクラ。

 

 

演じたのは“ゴミみたいな”男

 

「キャッチコピーを自分で考えました。“笑って泣いて、笑って泣いて、やがて微笑む”、そういう映画です」

 

奥田さんが演じる主人公・新城信綱は、沖縄の離島・粟国島(あぐにじま)に住む中年男。昼間から部屋のカーテンを閉め切り、酒浸りの毎日だ。

4年前に妻を亡くし、以来、立ち直れない。うつろな目、無精ひげ、だらんだらんに伸びきった下着姿。こんな情け無い、ふがいない、だらしない姿の奥田さんを観るのは、初めてかも。

 

「台本を読んでみたら、これはもう、やるべきだと思いました。僕はデビュー以来、文芸作品に出演したり、アウトロー役が続いたり。ここ7~8年は年齢のせいか、企業のトップとか検事正とか新聞社の局長クラスとかね。怒り混じりの台詞を機関銃みたいにまくしたてる、まあちょっと知的な重鎮さんというか狡猾なヒールというか、そういう役が多かった。

クセのある悪役は面白いけど、ちょっと疲れていたんです。もっと人間ぽい、清濁合わせ飲むような役がどうして来ないんだろうと思っていた。そこに、この話が来たわけです。よし、昔の自分に戻って取り組もう、今の奥田瑛二を全部剥ぎ取って、役者としての奥田瑛二をもう一回、構築しようと思ってね」

 

撮影現場では、「空気の抜けた風船みたいな、落ちていたらただのゴミみたいな」男になりきって、その場に“いる”ことに専念したという。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top