消えにくい、憎き“居座りジミ”の原因とは!?


今あるシミが濃くなってきた、シミが消えにくい…。OurAge世代にとって、ますます深刻になってくるこの悩み。

ファンケル2

そんな根深い悩みに対処すべく、ファンケルの「ホワイトニング」ラインがリニューアル! 今回、着目したのは

 

居座りジミの原因 “メラノドロッパー”

 

さて、この聞き慣れない2つの言葉〈居座りジミ〉と〈メラノドロッパー〉とは一体??

 

「シミが消えなくなる原因は、メラニンがたくさん作られているからだけではありません」

ファンケル1

そう説明してくださったのは、総合研究所 ビューティサイエンス研究センター 副センター長の桜井哲人さん。

 

「ターンオーバーの活性化によって消えやすいシミに対して、年々消えにくくなるのが居座りジミです。メーカーにとっても永遠のテーマとしてさらに研究を進めたところ、基底膜が壊れてメラノサイトが落下してしまうことを突き止めました」

ファンケル3

「メラノドロッパーとは、紫外線や炎症により増加して基底膜を壊してしまうタンパク質。特にメラニン工場であるメラノサイトで増加するため、シミが出来やすく落とし穴化も起こりやすくなってしまいます。つまり、居座りジミが出来る原因そのものとも言えます」

 

実はメラノドロッパーについては、20年前から研究をしているのだそう。アトピー性皮膚炎で引き起こされてしまうダーティネック(首あたりが色素沈着してしまう症状)は、メラニンが真皮まで落ちてしまうことにあると考え研究を続けているんだとか。

ファンケル4

約100種類の化合物の中から、メラノドロッパーを抑制する成分を探索。抗菌作用でも知られるサクラの葉由来のサクラ葉エキスに基底膜コラーゲンを回復する効果があると確認出来たのだそうです。

 

会場には、メラノドロッパーの破壊力を示す展示もされていました。右のシリンダーの中身がメラノドロッパーを増加させた細胞エキスで、基底膜を模したゼラチンの中に銀のボール(メラノサイト)が沈み込んでいます。メラノドロッパーが増えてエキスが黄土色っぽくなっているのも、何だか憎たらしく見えてきましたよ。

 

 

潜在ジミの恐ろしさを知るもう一つのコーナーもありました。

次のページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第241回
消えにくい、憎き“居座りジミ”の原因とは!?


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top