OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

「あれもこれも気になる」OurAge世代の肌に、救世主となる高濃度成分とは?

若い頃の肌に戻るのは無理とはわかってはいるけれど、せめてコレがもうちょっと目立たなくなったら…。さて、あなたが特に気になる肌悩みは?

 

シミ 毛穴 ハリ
キメ 乾燥小じわ

 

どれも年齢を感じさせたり、メイクのりを悪くしたり。くたびれた印象に見えてしまう要因でもありますよね。しかも、このうちの1つではなく、これとこれも!とか、実は「全部気になる〜」のが本音。いやはや、大人の肌悩みは尽きないものです。

 

そんな悩みに合わせてアイテムを変えたり、あれやこれやといくつも使うとなると、コストも時間もかかって続けるのは大変ですが、実は、これらすべてに対応できる成分があります。それは

 

ビタミンC

 

美白やシミのケアとしておなじみの成分ですが、高濃度にすることで、エイジングの悩みにも多角的にアプローチすることが可能に!

オバジ1

そんな高濃度ビタミンCの美容液を完成させたのが「Obagi」

 

「適正なケアを行うことで、肌は内部から生まれ変わることが出来る」
ロサンゼルスで活躍するスキンケア研究者オバジ氏のこの理論を軸に、ロート製薬が日本人向けに改良して誕生した「Obagi」は、ブランド誕生当初からビタミンCにこだわり続け、“肌に効くこと”にこだわったスキンケアを追求しています。

 

2001年にビタミンC濃度5%・10%の美容液から始まり、2004年には濃度20%の美容液を開発。これがビタミンC濃度の限界!と言われていたものの、「ビタミンCは濃度が高いほど表皮に取り込まれる」とあきらかになっていることから、“効く”を叶えるには濃度を高める必要があるとして、さらに研究を続けていたのだそう。

オバジ2

ビタミンCは水に溶けやすい水溶性ではあるものの、高濃度となると安定して溶かすこと、また、低い温度になった時に結晶化しないようにすることがとても大変だったとか。医薬品開発で培った研究力と技術力を結集し、構想から15年という年月をかけ、濃度25%の美容液が完成したそうですよ。

オバジ3

3月に発売し、既に口コミでも人気急増中の美容液「オバジC25セラム ネオ」¥10,000(税別)

 

ビンの半分くらいまでが高濃度ビタミンCという配合量。このビタミンCの量をレモンで換算すると約150個分くらいというのだから、何とも贅沢な1本です。

オバジ4

みずみずしいというより、ちょっと濃密なテクスチャーで肌にピタッと密着。心地よい柑橘系の香りです。

 

朝晩、化粧水などで整えた後の肌にスポイトで4〜5滴ほど手にとって顔全体にのばします。1本で約30日分です。あれもこれも気になるOurAge世代、早速、いつものお手入れに取り入れてみては?

 

 

「Obagi」

 

<前の記事

<前の記事
第246回/『アタックZERO』が気になる!諦めていた汚れの蓄積が徐々に落ちて、衣類よみがえるとは? …

次の記事>

次の記事>
第248回/イタチごっこの白髪ケア。これからは「染める」ではなく「戻す」!?…

この連載の最新記事

目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

第270回/目もとの衰えが、ゴルゴラインの原因になるって知っていますか? くい止める方法は?

昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

第269回/昭和から令和まで「一家に一瓶」のあのクリームが20年ぶりにリニューアル!

あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

第268回/あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル