OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/164603/

グレーヘア? 茶系カラーリング? 黒髪キープ? 40~50代はどんな「白髪対策」をしている?

出始めた白髪に悩んだり、染めてもすぐ白髪が目立ってきて、カラーリングや白髪染めが欠かせなくなってくるのが40~50代。『MyAge』の読者アンケートでも、白髪はヘアサロンで染めている人が多数でした。

 

でも、追いかけてくる白髪を染めるために、定期的にヘアサロンに行くのがストレス、という人や、髪が傷んだり頭皮が過敏になって悩んでいる人…。また、グレーヘアに注目が集まっているものの、誰もができるわけじゃないし、とか、年齢以上に老けて見えてしまいそうでコワイ…と思っている人も多いようでした。

 

そこで、『MyAge』春号では、同世代の素敵な女性たちが具体的にどんな白髪ケアをしているのか、髪を傷めずに染めるにはどうしたらいいのか、また白髪にならないためにはどんなことをしたらいいのかなど、計31人にアプローチ。独自のやり方を伺がったり、話題の白髪染めの体験をしてもらいました。今号の大特集は、

「白髪」

30ページです。

 

こんにちは。MyAge編集長のウナミです。

黒田知永子さんが表紙の 『MyAge 2019 春号』 は、明日3月1日(金)発売!

発売5周年を迎えてロゴも一新しました。

黒田知永子さんが表紙を飾る、MyAge 2019 春号 Vol.17は、5周年記念号 ふたつのブックインブック付きで、いつも以上に読み応えあります! 定価:本体1065円+税 236ページ 3月1日発売(※地域によって、発売日の異なる場合があります)

 

「私たちの白髪対策」

大特集の巻頭では、まさにグレーヘアブームの牽引者、染めない決断をした近藤サトさんにインタビュー

 

「確かに年齢より老けて見えます。でも。人生100年時代、40代以降の60年をずっと染め続けるのか? ということに疑問を持ったのです」また、

「若く見えることよりも、グレーヘアの自然体で年齢を重ねたい」

という言葉が印象的でした。

 

グレーヘアへの移行を色で楽しんでいるのは、手塚理美さん。

柔らかなミルクティーヘア

をヘアサロンでどうつくっていくのか、実際に見せていただきました。

 

ほか、頭皮のかぶれを軽減するヘアカラーや、自宅でのヘナ染めからウィッグまで、なるほど! と思わせる白髪カバー術ばかり。今号より結成の「MyAge美活部」メンバーには、自分で白髪カバーできるアイテムや話題のサロンのお試しをしてもらいました。

 

表紙キャラクター黒田知永子さんとスタイリスト地曳いく子さんの、グレーヘアブームについての本音トークには納得!のエピソードが続出。

 

素敵な女性たち計31人の白髪カバー術は、あなたのこの先の白髪対策の方向性が見えてくること間違いなし。ぜひご一読ください。

 

 

今号はブックインブックはふたつ。ひとつめはヘルス特集、20ページです。

更年期『5つの不調』の最新処方箋 

 

『MyAge』発売以来5年間の取材からみえてきた40~50代読者の体の悩みのなかで最も多い5つを再度徹底取材しました。

骨盤底筋、膣のトラブル、手と足の不調、下半身の筋肉不足

の5つですが、たとえば、骨盤底筋の〝3つの穴″、尿道、膣、肛門 が緩むとどんなことになってしまうのか…

悩みを持つ西村知美さんは、骨盤底筋トレーニングで尿もれ改善にトライ膣ケアは、最新のケアを女医の二人に教えてもらいます。以前に大反響だった「手の痛み、しびれ、こわばり…」(MyAge 2017 夏号 Vol.12)ですが、今回は、手の筋力をアップさせる「指トレ」を紹介。「足のトラブル」「下半身の筋肉貯金」についても詳しく解説しています。

 

ふたつめのブックインブックはヘア特集、36ページ。

今、目指すべきは『美髪セミロング』

 

50代前後になると髪が傷んできたり、ボリューム感がなくなって髪を短めにするという人も増えるなか、早見優さんは

「いつまでも女性らしさを保ちたいから」

2年前から伸ばし始めたそう。髪がぺたんとしてしまうといった悩みも克服して、美髪を保ちながらセミロングをキープしているコツを教えてもらいました。

後半は、髪のクセやボリューム感など悩みをカバーして大人セミロングヘアになれるアイデアやヘアカタログが満載。極上ヘアを育てるヘアコスメや最新ツールもいち早く教えます。

 

 

得意とするヘルスケア特集は、ほか7本。

 

たっぷり寝ているはずなのに疲れがとれない、と悩んでいる人には、生活の中のちょっとしたコツで、疲れ知らずになれる

寝ても取れない疲れをとる方法

 

虫歯はすべて治療済み! 歯医者に行く必要はもうない…と思い込んでいる人に

40代以降は油断しないで!〝口内劣化″

20~30代で治療した部分に不具合が出る時期。歯も口のなかも老化することに早く気づくがどうかが、体自体のエイジングの分かれ目にも。

 

動悸がする、むくむ、気力低下…を更年期の不調と思い込む人も多いのですが、更年期世代に入ったら一度は検査をおすすめしたいので知っておいてほしい

甲状腺ホルモンの病気

 

夜中に寝ていて足つりの激痛で目が覚める人には

「足のつり」克服マニュアル

 

仕事がら目の疲れや老眼などの悩みに的確な対処をしている素敵女医の

目の不調解消法

 

無理やり!でも効果あるという方法

 笑顔でストレスをなくす

 

また、人気連載「ダイエット倶楽部」では、リバウンドしない正しいダイエットを実践して、6カ月できれいに痩せたふたりの結果を公開!

ファッションページでは、黒田知永子さんと、気分一新するための春アウターやニュアンスカラーの選び方について考えました。

ハイライトとチークで幸せ顔になれるメイクも提案。

料理特集は、タンパク質、DHA&EPA、カルシウムがいっぱいの、脳と体を元気にする「サバ缶」活用ワザを。

疲れをいやすスパ旅には、国内のディスティネーション温泉&スパの最新情報が役立ちます。

 

まだまだ語りきれません! 40代50代の美とからだを応援するためのとっておきの情報が盛り込まれたMyAge春号。

ぜひ、お買い求めください!

詳しい内容と試し読みはこちらから

 

最新号及びバックナンバーの内容詳細はこちらにもあります。

 

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。

OurAgeストアでもご購入できます。

最新号及びバックナンバーの在庫が書店にない場合は、こちらのネット書店でお求めください。

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル