『アタックZERO』が気になる!諦めていた汚れの蓄積が徐々に落ちて、衣類よみがえるとは? 


幼かった頃、家にあった洗たく機は二槽式でした。脱水層に移し替える必要があり、時間もかかりましたよね。

アタック2

1980年代から全自動式が主流になり、現代ではそこからさらに進化して、乾燥機能も付いた縦型式、ドラム式とお洗たくはグンと時短でラクになりました。

 

何かと忙しい毎日を送る現代人だけに、手間がかからなくなったのは本当に助かります。でも実は、今のお洗たくに満足しているかというと・・・

アタック1

花王の調査によると、「満足している」と答えたのはたったの9%と、驚くほど低い現実があったのだそう。その不満の原因は

 

汚れ・ニオイ・菌が残っている

 

例えば、エリに付いた日焼け止めや、ファンデーションの汚れが今ひとつ落ちない。機能性インナーに付いたニオイが落とし切れてない…。「わかるわかる!」と頷いている人は、きっと私だけではないはず。

アタック5

「その理由には、現代のお洗たく環境が変わってきたことにあります」とは、花王 ファブリックケア事業部長の中尾良雄さん。

アタック3

その1

現在、多くの人が愛用する吸湿速乾や保温効果などを持つ機能性インナーや、形状記憶シャツは化学繊維(ポリエステル)製品。〈油になじみやすく水をはじきやすい〉という性質があるので、洗うと油汚れは繊維表面に濡れ広がります。そのため、洗浄力が高い洗剤でも、木綿製品の汚れ落ちと比較すると半分以下の威力しか発揮できていないのだそう。

 

その2

さらに、衣類に付いてしまう今どきの油汚れは、皮脂だけでなく〈エリに付いた日焼け止めや、ファンデーション〉のように肌を経由して付着する油汚れや、制汗剤やフレグランスといった衣類に直接吹き付けるスプレーなど、多様化しています。

アタック4

その3

今どきは週末などにまとめ洗いをしたりつめ込み洗いをしたりと、1回分の洗たく量が多くなりがち。それを少ない水で洗うドラム式でお洗たくを続けたら…。利点のはずの〈節水〉機能が、洗浄力をグンと低下させていたのです。しかも、汚れを落としきれないままお洗たくを繰り返すことで、汚れはどんどん蓄積。「インナーが黒ずんできた」「肌触りがゴワついてきた」などは、まさに汚れ蓄積の証拠だったというわけです。

 

 

では、そんな三重苦の汚れはどうしたら? 次のページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第246回
『アタックZERO』が気になる!諦めていた汚れの蓄積が徐々に落ちて、衣類よみがえるとは? 


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top