東寺「仏像&立体曼荼羅」案内旅③見どころ2:ビジュアルが面白い!仏さまの下部組織、明王や天

プロフィール写真

吉田さらささん

寺と神社の旅研究科。早稲田大学第一文学部美術史学科卒業。女性誌編集者を経て独立。寺、仏像、神社をテーマとした記事、単行本を執筆。『近江若狭の仏像』(JTBパブリッシング)など著書多数。OurAgeおでかけ女史組で、寺社部長としても活躍

東京国立博物館の特別展『国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅』を観に行く前に、
寺と神社の旅研究家・吉田さらささんに教わっておきたい

 

東寺の「仏像&立体曼荼羅」の見どころ案内旅

 

 

3月26日~京都・東寺の傑作仏像が東京国立博物館にやってきます。それを近くで鑑賞できるのが、5月に開催予定のMyAge/OurAgeの5周年記念イベントです。
5周年記念企画「黒田知永子さん×吉田さらささん スペシャルトークショー@東寺展」に150組300名様をご招待します!
イベント詳細や応募方法は、こちらへ。

 

そこで予習! 寺と神社の旅研究家・吉田さらささんに仏像や立体曼荼羅の意味や楽しみ方を教わりました。

 

 

 

見どころ②
ビジュアルから理解できると楽しい

仏さまの下部組織、明王や天が実は面白い

 

すでに悟りを得た如来や次に悟る菩薩は、近寄りがたいほど威厳に満ちた仏さまですが、その配下で働く明王や天の仏さまは、興味深い性質を持ち、ビジュアル的にも親しみやすいので、さらにじっくり鑑賞したい。

 

不動明王を中心とし、周囲を4体の明王が取り囲む五大明王。それぞれに個性的なお姿です。

 

 

 

手足や顔の数が多い異形の明王たち。
謎めいたポーズにも心惹かれます

 

仏とは本来、悟りを得た存在を指すため、正しい意味での仏像は如来だけですが、一般にはそのほかの像もまとめて仏像と呼びます。4つのカテゴリーの中では下の位に当たる明王や天は、仏像の一種ではあっても、悟りにはまだ遠い存在。しかし、その分、性質や姿形にさまざまなバリエーションがあり、詳しく見るほどに面白くなってきます。

 

立体曼荼羅では、とりわけ、不動明王を中心とする五大明王が魅力的。明王は仏の世界に敵対する者を叱りつけてでも従わせる働きを持つ仏さまたちで、真ん中の不動明王は、大日如来の決意を表す化身。あとの4体も、それぞれに強烈な個性を持っています。軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)は8本ある腕のうち2本を胸の前でXの形に交差させたポーズが特徴で、手首や足首に細い蛇が巻きついています。これは、とぐろを巻くようにして体内を上昇する生命エネルギーの象徴。大威徳明王は水牛にまたがっていて、6つの顔、6本の手、6本の脚が印象的です。

 

 

 

生命エネルギーに満ち敵を打ち砕く

軍荼利明王立像:ぐんだりみょうおうりゅうぞう(国宝)

平安時代・承和6年( 839)東寺蔵

 

手首と足首には蛇が巻きついています。

軍荼利とは、ヨガで生命エネルギーを表す「クンダリニー」という言葉の音写。

明王はたくさんある手でポーズを取ることが多い。

 

 

 

たいへん珍しい脚がたくさんある仏さま

大威徳明王騎牛像:だいいとくみょうおうきぎゅうぞう(国宝)

平安時代・承和6年( 839)東寺蔵

 

頭、腕、脚がそれぞれ6つ。日本には数少ない珍しい姿の仏さま。

横からも見て、巧みな足指の表現をぜひ鑑賞してみて。

足の指の繊細な表現に注目。

 

 

次ページに続きます!→

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top