「登場人物を美人に見せるには、キラキラの瞳より〇〇」?! 少女まんが家・くらもちふさこさんインタビュー


連続テレビ小説 『半分、青い。』で、主人公の鈴愛(すずめ/永野芽郁)が衝撃を受け、まんが家を目指すきっかけとなった秋風羽織(あきかぜはおり/豊川悦司)の作品が、実はくらもちふさこさんの名作の数々であったのは有名な話。

「本物が持つ力」を表現したくて、脚本の北川悦吏子さんが作品の使用をお願いしたのだそう。

アワエイジ世代のリアルな思い出の中にありつつ、今読んでも素晴らしい!

そんな作品を生み出し続ける、くらもちふさこさんに創作の秘密を聞いてみました。

 

まんが/くらもちふさこ 構成・文/花田身知子

 

パンダはくらもち先生の自画像。©くらもちふさこ/集英社

 

くらもちふさこ

Profile
まんが家。1955年、東京都生まれ。1972年『メガネちゃんのひとりごと』でデビュー。以来、心温まる名作を多数発表し、幅広い読者層を魅了し続けている。代表作に『いつもポケットにショパン』『東京のカサノバ』『天然コケッコー』など。『花に染む』で第21回手塚治虫文化賞「マンガ大賞」を受賞。2019年現在「ココハナ」(集英社)にて妄想系スペシャル“絵”ッセイ!『とことこクエスト』連載中。

『いつもポケットにショパン』 ©くらもちふさこ/集英社

 

『いつもポケットにショパン』『東京のカサノバ』『海の天辺』……私たちをときめかせ続けてくれる少女まんが家・くらもちふさこ先生は、現在63歳。アワエイジの対象年齢を告げると「40代・50代なんて、私からしたらみんなピッチピチだよぉ!」と顔をほころばせる。

 

17歳でデビューしてから40年以上、まんが家としてのキャリアを積み上げてきたくらもち先生自身、40代・50代の頃が一番元気いっぱいだった。若くしてヒット作を連発し、30代では自律神経の乱れからうつ病を患うも、まんが執筆は辞めなかった。40歳目前で連載を開始した『天然コケッコー』で自分らしい執筆のペースをつかみ、描けば描くほど心も癒されていったという。

©くらもちふさこ/集英社

【天然コケッコー9巻 scene69 より】
『天然コケッコー』は、大人向け少女まんが誌として1994年に創刊された「コーラス」で連載された。片田舎でのんびり暮らす少年少女の恋愛模様を描く一方で、全編猫目線の回があるなど、表現技法はかなりアグレッシブ。変幻自在の読切ストーリーは、いわゆる少女まんがの枠を軽々と飛び越えた。

 

「読者のみなさんがオトナだったおかげで、私が挑戦してみたいと思っていることを、懐深く受け入れて頂いている感覚がありました。若い頃よりもワガママに、出し惜しみせずのびのび描いているうちにメンタルも充実し、心の不調がおさまったんです。体力的にも「腰痛で描けなくなる人がいるなんて信じられない」と思うほど、元気いっぱいでしたね」

 

 

次ページに続きます!→

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top