OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

宮沢和史さんの地味~な健康法とは?(インタビュー/後編)

2007年から持病の頸椎のヘルニアに悩まされ、2013年11月から4か月間の休養。

2016年には引退したつもりでいたという宮沢和史さんが、気力・体力を取り戻し、

5月22日には3年5カ月ぶりのニューアルバム『留まらざること 川の如く』を発表する。

再び歌い始めた今、どのように身体と向き合っているのでしょうか?

(歌手活動の無期限休止から復帰までの思いを語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/萩庭桂太 取材・文/本誌編集部

宮沢和史さん

Profile

みやざわ・かずふみ●1966年1月18日、山梨県生まれ。1986年にTHE BOOMを結成。原宿の歩行者天国でライブを重ね、1989年にデビュー。『星のラブレター』『島唄』『風になりたい』など多数のヒット曲と14枚のオリジナルアルバムを残し、2014年にTHE BOOMを解散。その一方、ソロ名義で4枚、多国籍バンドGANGA ZUMBAとして2枚、アルバムを発表している。現在、「『時を泳げ魚の如く』宮沢和史コンサート 平成30年~」を開催中。5月22日には3年5カ月ぶりのニューアルバム『留まらざること 川の如く』をリリース。https://www.miyazawa-kazufumi.jp/index.html

 

 

歩く、階段、ストレッチ。

結局、地味なことが一番効く。

 

2016年に事務所を解散し、今は自身でマネージメントをしているという宮沢さんは、この日も一人で電車に乗ってやってきた。

 

「できるだけ車は使わず電車に乗って、エスカレーターではなく階段を使い‥‥。地味なんですけど、それが一番効くんです。首の病気なんだけど、下半身を鍛えて基礎体力をつけ、全身のバランスを良くすることが大事なんだそうです」

 

手術はしなかったので、歌手活動をやめてからの日々は、ただ歩いたり泳いだりして過ごしていたという。

 

「目的がないと飽きちゃうので、桜を見に行ったり、図書館に行ったり、それまでは特に興味もなかった寺社仏閣を巡ってみたり。万歩計を買って、1日6時間歩いたこともあります。僕のように、精神的にも自分を追い込むタイプがなりやすい病気らしいのですが、2016年の休止以降は、最悪の発作みたいな状態には1度もなっていないです」

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル