成人の80%が罹患&予備軍と言われる「歯周病」。その対策として注目のロイテリ菌って?


6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」。毎日のケアが口の中の健康維持に重要なのはもちろん、実は、口内フローラは全身の健康にも関わっているとご存知ですか?

オハヨー1

「口内フローラとは、私たちの口腔内に生息する細菌叢のこと。腸内フローラと同じように、口内常在菌(善玉菌)、増殖すると悪玉化する日和見菌、悪玉菌がお花畑のように群れを作って棲みついています」とは、日本歯周病学会理事・専門医・指導医、日本大学客員教授 の若林健史先生。

オハヨー3

若林歯科医院(恵比寿)、オーラルケアクリニック青山(表参道)の院長でもあります。

オハヨー2

300〜700種類もの細菌からなる口内フローラは人によってバランスが異なり、日和見菌や悪玉菌はさまざまな要因から増殖してしまう、と若林先生。

 

「喫煙は口腔内を燻製にするようなもので、血流を悪化させることから口腔内の免疫力低下も引き起こします。また、活性酸素を発生させるストレスは唾液の質を悪化させる原因にも」

 

そのほか、糖質の過剰摂取に不十分な口腔ケア、OurAge世代にとっては「加齢による唾液の分泌量減少」も深刻な問題。これらの要因から口内フローラが悪化すると、むし歯や歯周病が発生しやすくなるのです。

オハヨー4

むし歯や歯周病になったら歯医者さんに行けばイイ、などと侮っている場合じゃありません。歯周病菌は血液を通じて全身に巡り、さまざまな疾患を引き起こすこともわかっています。

 

「最新のトピックスとして、今年1月にアルツハイマー病患者54人の脳の96%から歯周病の原因菌であるジンジバリス菌と有毒酵素“ジンジパイン”が発見されたという論文が発表されました」

 

今年4月から、全米90以上の施設でアルツハイマーの治療に歯周病菌抑制剤を投与する臨床試験が始まったのだそうです。

オハヨー5

むし歯や歯周病が進行してしまったら治療が必要ですが、そうならないためには、日々のケアが肝心。予防医療大国スウェーデンで生まれ、今や世界中で取り入れられているのが、善玉菌を摂取することで口内フローラのバランスを整えるバクテリアセラピー、いわゆる菌活なのだとか。

 

「悪玉菌に対して菌で対抗するため耐性株が出現することなく、また、ヒト由来の菌を活用するので子どもからご年配の方まで安心して取り入れることが出来ます」

 

 

さて、お口の菌活に注目されている善玉菌とは?

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top