疲労回復の新習慣になる? 筋膜リリースの新ツールを体験してきました


「私たちの体は日常の何気ない動作から歪みが生じ、その歪んだ状態が定着してしまうと、筋膜の動きが悪くなってきます」

チャージフォームローラー4

そう説明するのは、トリガーポイント認定マスタートレーナーの増岡大介さんです。ジェッツインターナショナル(船橋整形外科グループ)に所属し、プロスポーツ選手のカラダ調整なども担当しているのだそう。

チャージフォームローラー2

筋膜とは、筋肉を包む膜のこと。上の写真にあるように鶏肉だとわかりやすいですよね。

 

今やトップアスリートたちの間では、運動前はストレッチではなく筋膜リリースで柔軟性を高めるのが主流とか。その筋膜リリースの際にアスリートたちが愛用しているのが「トリガーポイント™」のツール。これを紹介した以前の記事も大きな反響を呼びました。

チャージフォームローラー3

「体に歪みが生じると、重心が崩れて姿勢のバランスも乱れてきます。だからこそ、筋膜を柔らかくほぐす筋膜リリースを毎日行って欲しいのです」

 

運動後のリカバリーに特化したツールが新登場!

チャージフォームローラー1

この日の目的は、6月20日(木)に新登場した写真の新製品「チャージフォームローラー」(税込¥7,560)を体験すること! こちらは「運動後の疲労回復」のために作られたツールで、従来のローラーより硬く、独特のウェーブデザインです。

 

「このウエーブの形状は、筋や筋膜の血流改善、老廃物や疲労物質除去にしっかりアプローチするよう、マッサージの手技『揉捏(じゅうねつ)法』をイメージしています」

字の通り「揉んで捏(こ)ねる」ことで筋肉をもみほぐしていくわけです。

 

早速、この新製品を体験してみました!

チャージフォームローラー5

まずはふくらはぎの裏、腓腹(ひふく)筋&ヒラメ筋をリリース。ふくらはぎって、たくさん歩いたときなどはパンパンに張ったりしますよね。

 

「1分間、前後にゆっくりローリングさせてください。可能な人は片足を重しとして上に乗せて転がしてみましょう」

 

なるほど、この硬いウエーブが筋肉を絞るような感覚で筋肉奥の疲れにまでアプローチするのです。いつも座りっぱなしで、きっと全身が歪んでいる50代ライターの私には、痛すぎて足を組むなんてとてもとても無理でした(汗)。

チャージフォームローラー6

次は膝上からお尻にかけてのハムストリング。

 

「転がしてゴリゴリしているのを感じたら、そこが滞っている部位。重点的にリリースしていきます」

 

そして今後は…。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第257回
疲労回復の新習慣になる? 筋膜リリースの新ツールを体験してきました


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top