OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/179570/

読者の声を集めた「隣の50歳」。今回のお題は〝「私、オバさんになったなぁ」と痛感するのはどんなとき?〟

ギリコ

ギリコ

築地界隈に暮らす50歳。居酒屋が好きではない相棒を説得してやっと行きました、『串カツ田中』。おいしかったのはもちろんワンコの入店もOKなことに感激。(ワンコの入店についてはお店からのお願い事項があります。また支店によってOKなところとそうでないところがあるようですので、事前にHPなどでご確認を)

記事一覧を見る

こんにちは、ギリコです!

OurAge読者の声を集めた連載「隣の50歳」

第8回目、読者のみなさんにきいてみたのは

〝「私、オバさんになったなぁ」と痛感するのはどんなとき?〟

です。

 

今回もたくさんの声が寄せられましたよ!

じゃじゃ~~んッ

ではさっそく結果発表へといきます!

1位 容姿の衰えを実感したとき

327票

やはり圧倒的第1位でした……。

「朝、寝起きの顔を見ると落ち込みます。目の下のくま、くすんだ顔色……歯磨きのとき、なるべく鏡見ないようにしています」(50歳・会社員)、「鏡を見ると悲しくなります。睡眠不足のときはとくに顔のくすみがひどい」(51歳・会社員)、「鏡に映るオバさんを見てそれが自分だと知ったとき」(47歳・専業主婦)、「スキンケアの際に鏡を見たとき実感します。目元のシワ、目の下のくま、白髪がすごく気になります、ため息がでます」(47歳・パート・アルバイト)、「写真を撮ったとき。目の下のたるみ&法令線のひどさを痛烈に感じます」(49歳・会社員)、「鏡を見て白髪が増えたのがわかったとき」(48歳・その他)、「鏡で顔のたるみや二重顎、ファンデーションを塗っているのにくすんでいる肌を見たとき」(52歳・会社員)、「お風呂場で鏡にうつった自分の体型を見たとき。虚しさでいっぱいになります」(51歳・会社員)、「朝十分にスキンケアをしたつもりなのに一日の仕事を終え帰宅し洗面所の鏡の前に立ったとき。目の下のクマがくっきり、肌も乾燥、額の横ジワも。どう取り繕っても年齢は隠せない」(45歳・その他)、「拡大鏡でスキンケアするのが怖くなってきた。下降し続ける自分の顔が嫌になってきている。が、新しいスキンケアを取り入れるのも面倒くさい。そればかりか主人の食事の支度をするのさえ億劫になってきたとき」(58歳・会社員)、「シミにコンシーラーをのせているとき」(46歳・公務員)、「体型が変わったと思ったとき。背中や腰回りにお肉がつくようになった。入浴や着替えのときに鏡を見るとがっかりします」(41歳・パート・アルバイト)、「太りやすく痩せにくくなり体型が変わってきたとき」(49歳・専業主婦)、「腰が太くなり体のラインが明らかに変わったと思ったとき」(50歳・会社員)

 

「シミが増えたとき」「法令線が目立ってきたとき」「白髪が増えたとき」「首のしわに気づいたとき」「顔のたるみが顕著になったとき」「体のくびれがなくなってきたとき」と、シミ、シワ、白髪、たるみ、体型など容姿の変化についての回答が多く、どれもギリコ自身、日々実感していることばかり。

 

2位 疲れやすくなったり、体の機能の衰え(老眼、記憶力の低下など)を実感したとき

152票

「ヒールのある靴で一日過ごすのが疲れるようになり、階段を上るのがきつくなったとき」(46歳・会社員)、「体力がなくなってきて、階段を上っていて息切れがするとき」(47歳・会社員)、「長く歩くと疲れを翌日だけではなくずっと引きづる」(56歳・専業主婦)、「終業時間まで体力、気力がもたなくなってきた。午後には顔色がくすんできて、気づけば白髪も増えてきてた」(40歳・パート・アルバイト)、「体の疲れがとれない、目のピントが合わなくなってきた、忘れっぽくなった、なにもかもが面倒になってきたとき」(44歳・専業主婦)、「老眼が始まり細かいメイクや眉の手入れが手抜きになってきたとき」(48歳・専業主婦)、「疲れやすく、なにごともやるのが億劫になってきたと感じたとき」(54歳・専業主婦)、「物忘れがひどくなり人の名前がすぐ出てこなくなったとき。疲れやすく、足腰がつらいとき」(50歳・パート・アルバイト)、「旅行は楽しいけど帰ってきたらすごく疲れているとき。飲み会があっても、夜10時過ぎると眠くなり肌がカピカピに乾燥するとき」(43歳・自営業)、「飲み会などで夜遅くまでおきていて何日もその疲れが続くとき」(43歳・会社員)、「老眼鏡を持ち歩いていないと困るとき」(53歳・専業主婦)、「尿モレしてしまったとき」(55歳・その他)、「固有名詞が思い出せないとき。昨日も同世代の女性3人で集まり思い出話をしていたとき、みんなで話題にしている人の名前が出てこない。顔は思い出せるし、話は通じ合っているのに、あの人あの人、えーとあの人!ってみんなで連発」(47歳・自由業)、「〝あれ〟とか〝それ〟で会話しているとき。物や人の名前が出てこないとき」(51歳・パート・アルバイト)、「人の話が一回では聴き取れなくなってきて何度も聞き返してしまうとき」(49歳・専業主婦)

 

 

3位 「よいしょ」「よっこらしょ」「どっこいしょ」が自然と口から出てしまったとき

59票

「体を動かすときや荷物を持ち上げるときに、つい〝よっこらしょ〟と言ったり、歩いた後や買い物をした後に〝あー、疲れた〟と独りごとを言ったとき」(46歳・パート・アルバイト)「立つときや座るときに〝どっこいしょ〟が自然に口から出るとき」(50歳・パート・アルバイト)、「なにをするにも、〝よいしょ〟などの掛け声を無意識にかけてしまうとき」(45歳・専業主婦)

 

 

続きまして4位、5位もご紹介しますね!

4位 若いコに接したときや若いコを見たとき

42票

「若いコがたくさんいる店に入りにくくなったとき」(57歳・専業主婦)、「若いコの言葉がわからないとき」(43歳・会社員)「若いコが私の言っていることをわからないとき。金曜日のことを〝花金〟と言ったり〝インド人もびっくり〟、〝しょうゆ顔、ソース顔〟と言っても若い人はだれもわからないとき」(42歳・その他)、「若いコと並んで写真を撮ったとき」(46歳・パート・アルバイト)、「若いコが冬にミニスカートなのにタイツも履かず歩いているのを見て〝あんなに脚を出して……寒いのに~〟と思ってしまうとき。自分だって若いときは脚を出してたのに。同時に母から〝冷えは体によくない〟と言われていたことに納得している今、歳をとったなぁと感じる」(40歳・会社員)、「若いコの行動や言動にイラッとしてしまうとき」(47歳・会社員)、「〝若いコたち〟とか〝若い人は〟って言葉を自然と発しているとき」(50歳・会社員)、「若いコが両手一杯に買った物を下げて歩いているのを見たとき。自分にはもうそんな気力がないと思う」(52歳・会社員)、「若いコの無礼な振る舞いにイライラするとき。歩きスマホや電車で席を絶対に譲らない態度とか。昔はこんなにイライラしなかったのになぁ、と思う」(46歳・会社員)、「若いイケメンに平気で話しかけてしまうとき。向こうからしたら明らかに自分はもう恋愛対象じゃないと分かっているので気さくに話せる」(50歳・会社員)、「娘と外食した際、メニューの説明をしに来た若い男性店員が明らかに娘ばかり見て説明しているのに気づいたとき。〝おばさんは無視かよ〟と思った」(48歳・専業主婦)、「肌を露出した服装をしている若いコを見て、〝風邪ひくよー〟と心の中で思ってしまうとき」(51歳・会社員)

 

 

5位 おしゃれに興味がなくなってきたと実感したとき

40票

「おしゃれより防寒を優先させているとき。またそれがときどきではなく日常になってきたこと」(41歳・会社員)、「おしゃれのための我慢ができなくなり、長時間歩くときにはヒールの高い靴は履かないようになり、デザインが気に入っていても重たいバッグは使わなくなったとき」(47歳・会社員)、「おしゃれさよりラクな靴や服を選んでしまうとき」(50歳・専業主婦)、「おしゃれをするのが面倒と感じたとき」(54歳・パート・アルバイト)、「服を選ぶのが面倒になってきたとき」(57歳・専業主婦)

 

このほかにも「わかるわ~」と思う回答がたくさん寄せられましたので、ご紹介します。

「クーポン券やポイントカードを使いこなしてしまうとき」(52歳・専業主婦)、「ついどこかにもたれかかってしまうとき」(45歳・専業主婦)、「一緒に仕事をする人に平成生まれが多くなってきたと思ったとき」(51歳・会社員)、「若いタレントやアイドルの顔の見分けがつかなくなってきたとき。みんな同じ顔に見えてしまう」(50歳・会社員)、「ゴミを出すときジャージでも平気になったとき」(54歳・専業主婦)、「〝まあ、いいや〟と思うことが増えてきたとき」(50歳・専業主婦)、「生理が不順になり、そろそろ閉経かなと思ったとき」(47歳・会社員)、「手が乾燥してビニール袋が開けられなくなったとき」(59歳・自営業)、「声が低くなってきたと感じたとき」(53歳・その他)、「見ず知らずの人とも平気で話せる謎のコミュニケーション能力がいつの間にか身についていたことに気付いたとき」(56歳・専業主婦)、「若い芸能人の名前がわからないとき」(55歳・パート・アルバイト)、「ペットボトルのキャップを開けにくく感じてきたとき」(57歳・専業主婦)、「せっかく食べ放題に行ってもちょっとしか食べられないとき」(47歳・会社員)、「ATMの画面やスマホの画面にタッチしても反応しないことが多くなったとき」(59歳・会社員)、「バレンタインデーが面倒くさいと思うようになったとき」(51歳・自由業)、「夫の前で平気で着替えができるようになったとき」(48歳・会社員)、「80年代の洋楽しか聴けず、今流行りの音楽が全くわからないのでタワーレコードなどに行っても買うものがなかったとき」(56歳・専業主婦)、「つい死語を使ってしまうとき」(57歳・専業主婦)

 

〝つい死語を使ってしまう〟といえばギリコもハンガーのことを衣紋(えもん)掛け、ベビーカーを乳母車、シューズクローゼットを下駄箱と言ってしまうときが……。

 

「隣の50歳」第8回はこれにて終了、共感した回答はいくつあったでしょうか。

 

8月に入りました。

お子さんが夏休みで毎日家にいるため食事の支度が大変、離れて暮らしている家族が帰省してなにやかんやと大忙し……

など、それでなくても忙しいOurAge世代が家の事情でさらに忙しくなりがちな時期ですね。

みなさんが元気に夏を乗り切れますように!

******************

OurAgeでは毎月アンケート付のプレゼントを実施しています。

今回ご紹介した読者のみなさんの〝本音〟もこのアンケートからご紹介しています。

あなたも素敵なプレゼントに応募しつつ本音を寄せてみませんか?

応募には会員登録(登録料無料)が必要です。

↓下から会員登録できますよ。

OurAgeについて

 

イラスト/すぎうらゆう

<前の記事

<前の記事
第7回/読者の声を集めた「隣の50歳」。今回のお題は〝「好きに使って」と100万円をもらったら何に使う?〟…

次の記事>

次の記事>
第9回/公的年金以外に老後資金2000万円が必要といわれる今〝一番節約したいのは何?〟(読者の声を集めた「隣の50歳⑨」)…

この連載の最新記事

〝私ってエライ!と思っていることは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉑)

第21回/〝私ってエライ!と思っていることは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉑)

〝老後に備えて始めたことは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」⑳)

第20回/〝老後に備えて始めたことは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」⑳)

〝人生で大事にしている記念日は何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」⑲)

第19回/〝人生で大事にしている記念日は何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」⑲)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル