重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

満足できるシャンプーが見つからなくてパーソナライズ調合を注文してみたら…


ここ10年で、市販されているシャンプー・コンディショナーの製品数は倍に増えているのだそうです。

ラボリカ1

これには、「しっとり」「サラサラ」といった仕上がりの好みだけではなく、「ノンシリコン」などの成分にこだわったり、「枝毛を防ぐ」「ヘアカラーが長持ち」というプラスαの機能、さらには「地球環境にも優しい」なんて視点から選ぶ人が増えてきた背景があります。

 

あれやこれやの要望に応えてくれるシャンプーが増えてきたのは本当にありがたいことですが、実は「これぞ!」というシャンプーに出合えないまま、次から次へと新しいものにトライしている現状も。その理由はズバリ

 

理想とする髪は同じでも、髪の状態は人それぞれ違う

 

ことにあったのです。

ラボリカ2

「私たちの毛幹部(髪の毛)は中心にあるメデュラ、その周りを覆うコルテックス、そして表面のキューティクルと3つで構成されています」

ラボリカ3

説明するのは、ユニリーバのヘアケア開発 シニアスペシャリストの姜 君(じゃんじゅん)さんです。

 

「メデュラは人によって存在しないこともあり、実は日本人の8割はメデュラがないとされています。繊維状のコルテックスはたんぱく質が主成分で、髪の柔軟性に関係しています。そしてキューティクルは、外部刺激から守る役割を果たすとともに、その状態が髪のツヤや手触りを大きく左右します」

 

毛幹部は、欧米人などはだ円形なのに対しアジア人はまん丸と形状にも違いがあるんだとか。しかも日本人のキューティクルはウロコ状になった層の一枚一枚が厚いんですって。

 

 

そして何より、髪の状態を左右する外部からの影響も人によって大きく異なります。となれば、「自分に合うシャンプー」が人それぞれだというのもうなずけますよね。

 

私、ライターM(53歳)の場合も、かなりのくせっ毛で乾燥しがち。そんな髪質やダメージで選ぶと、大抵はしっとりした洗い上がりになるシャンプーに。でも個人的にはサラサラな髪になるのが好みです。また「カラーリングも長持ちさせたい」を重視して選ぶと、今度はクセ毛のまとまりがイマイチの洗い上がりだったり…。では、自分に本当に合うシャンプーってどう探せばイイ?

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第266回
満足できるシャンプーが見つからなくてパーソナライズ調合を注文してみたら…


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top