OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

さらに進化した床拭きロボット、ブラーバ。水拭きに部屋の識別、ルンバとの連携も!? 

会場の外には、工学博士であり、生活史と家具インテリア史の研究家である小泉和子さんが監修した「日本人と拭き掃除」の歴史を紐解くパネルが展示されていました。

m6-1

日本の拭き掃除の歴史は古く、古代には柄の付いた「棒ぞうきん」が使われ、室町時代から木綿の古布を使っての拭き掃除がされるようになったとか。明治以降にはバケツが登場し、ぞうきんを洗っては拭くというお掃除が一般的に。右の写真は昭和時代。見たことのある懐かしい風景です。

m6-2

左は1953年に撮影された写真。それよりちょっと後の時代になるけれど、私たちOurAge世代も小学校で机を拭いていましたよね。そして時代は変わり、平成には拭き掃除ロボットが登場したのです。

 

お掃除ロボットと言うとゴミを吸い取る掃除機のイメージがありますが、床はフローリングが主流の現代、裸足で気持ちよく歩ける床をキープするには、掃除機とは別に拭き掃除も必須です。とはいえ、床全部となるとなかなか面倒で手抜きをしたくなることも…。そんな拭き掃除までロボットがしてくれるとは、本当に便利な世の中になったものです。

m6-3

右が、7月26日(金)に新登場したアイロボットの床拭きロボット「ブラーバ ジェットm6」(¥75,470※公式オンラインストア価格、税込。以下同)です。

 

アイロボットでは以前にも床拭きロボットを発売していますが、令和元年の新製品は改良版というよりルンバ最高峰の拭き掃除版といったところ。まず、写真左のロボット掃除機「ルンバi7+」や「ルンバi7」と連携、掃除機でのお掃除が終わると自動で拭き掃除が始まります。※2019年末にはルンバ900シリーズとも連携が可能になる予定

m6-4

ルンバを使っていない人にとっても、さらに賢く便利に使える新機能を備えています。まず、家中の間取りを学習・記憶するマッピング機能を新たに搭載。家具やカーペットなどの障害物も記憶して最適なパターンで動いて拭き掃除してくれるんです。

 

「部屋を区別出来るので、家全体は2日に1回、汚れやすいリビングは毎日などと設定することも可能です」とは、プロダクトマーケティング部長の山内洋さん。充電切れになったらホームベースに戻って自動で充電、さらにお掃除を自動的に再開するのもこの機種からの新たな機能とか。まさにルンバ並みの学習機能を備えたわけです。

m6-5

iRobot HOMEアプリを使えば、お掃除する時間や部屋の選択といった操作を外出先からでも設定できるように。また、この秋には、進入禁止エリアの設定ができるようアップデートされるとのこと。例えばペットの食器まわり、花びんや靴が置いてある場所などを避けて拭き掃除するよう学習してくれるんです。

 

実際に動く様子も見学してきましたよ。

<前の記事

<前の記事
第266回/満足できるシャンプーが見つからなくてパーソナライズ調合を注文してみたら……

次の記事>

次の記事>
第268回/あなたの肌の将来は「循環力」次第⁈ 新・エストが着目したのは?…

この連載の最新記事

「エストロゲン」が肌老化の鍵!スキンケアでどこまで対処できるの?

第273回/「エストロゲン」が肌老化の鍵!スキンケアでどこまで対処できるの?

ヒアルロン酸は6種類ある!? それぞれが肌に違った働きをするって知っていますか?

第272回/ヒアルロン酸は6種類ある!? それぞれが肌に違った働きをするって知っていますか?

すぐ効果を実感したい! せっかちな私たちにうれしい新美容液の秘密

第271回/すぐ効果を実感したい! せっかちな私たちにうれしい新美容液の秘密

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル