ファッション好きは必見!気分が上がる特別映像満載、シャネルのYouTubeチャンネル

プロフィール写真

1960年生まれ。ソーシャルメディアプロデューサー。
慶應義塾大学文学部卒業。インタビューライターをしていた2010年に渡米しソーシャルメディアの研究を開始。ソーシャルメディア活用を企業に提案するコ ンサルティング事業を起こし、自身のFacebookページも総計5万人以上のフォロワーをもつ。ソーシャルメディアに関する著書多数。新刊は 『YouTubeをビジネスに使う 本』(日本経済新聞社)。NHKEテレ『趣味DO楽』にモバイルの専門家として出演。
熊坂仁美.com http://kumasakahitomi.com/

熊坂仁美のYouTubeセレクション、今回は「ファッション」。

視覚に強く訴えることができる動画はファッションと抜群に相性がいいのは言うまでもありません。

にもかかわらず、YouTubeを活用しているファッションブランドは意外に少ないのです。

有名ブランドのほとんどが公式チャンネルは持っているものの、コマーシャルやコレクション(ファッションショー)など、既存の映像の保管庫的な利用にとどまっていて、登録者数も2〜3万人、下手をすると1万人に満たない有名ブランドもあり、ブランドにとってまだまだYouTubeが「未開の地」であることが見て取れます。

そんな中、一線を画すのがディオールとシャネルです。

 

 

Googleの一部門であるYouTubeでは、所定以上の広告費を使ってくれる「お得意様」は、チャンネルの「カスタムタブ」を作ることができます。

カスタムタブは自由にデザインできるので、YouTubeチャンネルのカッコいいトップページにすることができます。

そのため、広告予算があってなおかつYouTubeに力を入れているブランドは業種を問わずカスタムタブで差別化を図るのですが、有名ファッションブランドでカスタムタブを使っているところは意外に少なく、私が見た限りはシャネルとディオールだけです。

 

 

特にシャネルは、デザインだけでなく動画そのものも内容が濃くおすすめです。

シャネルというブランドを表現するYouTube向け特別シリーズをいくつか用意しているのです。
シャネルのYouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2014-10-14 07.03.35

特別にデザインされたシャネルのYouTubeチャンネル。登録者数も27万人と、他のファッションブランドを圧倒している。

 

 

 

たとえば 「Inside CHANEL(インサイドシャネル)」シリーズは、ココ・シャネルについて、シャネルがこだわる色について、舞台であるパリについて、シャネルスーツについてなどを特集した、ため息がでるようなハイクオリティ動画が集めてあり、シャネルというブランドを多角的に理解することができます。
日本語字幕もついていますので、シャネルに少しでも興味がある方はぜひ一度見てみてください。

 

 

 

また「FASHION」シリーズで私が感動したのは、オートクチュールのメイキング動画。シャネルのオートクチュールという、私たちが普段目にすることのできないファッションの頂点の現場が美しい映像で描かれています。
身にまとう宝石といった表現がぴったりの素材たち、そしてそれらを一糸一糸紡ぐ様子。
選ばれた人だけが知る究極の世界をYouTubeによって垣間見ることができるのです。

 

 

 

Making-of the CHANEL Fall-Winter 2014/15 Haute Couture Collection

 

 

ブランドのこだわり、そしてその価値を誰もが納得することができるすばらしい映像コンテンツの数々は時間を使って見る価値は大いにあります。シャネルだけでなく他のブランドのストーリーも見てみたいものです。ぜひ、ファッションブランドはシャネルに追随し、面白く素敵な映像を作って私たちを楽しませ、より強固なファンづくりをしていただきたいと思います。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top