認知症の行動・心理症状(BPSD)にも漢方薬が効く!? 漢方の可能性はスゴい

プロフィール写真

ネコとオペラと美味しい時間が好き。

漢方はやっぱり奥が深いですね。

更年期障害、認知症、抗がん剤の副作用緩和……etc.

気になるワードがいっぱい出てきて、漢方のさらなる可能性を感じたセミナーでした。

皆さんは「漢方」治療を受けたことがありますか?

 

 

先日、ふみっちーは漢方アンバサダーズ主催(後援 ツムラ)の「まだ、あなたが知らない“漢方”2015」セミナーに参加してきました。漢方の正しい知識と最前線情報を学べるセミナーということで、じつに興味深い内容だったんですよ★

 

 

「こころの不調と漢方治療」をテーマにレクチャーしてくださったのは、芝大門いまづクリニックの今津嘉宏院長。

ツムラ_photo

 

もともと外科の先生で、20年前に「治療に行き詰まったがん患者に漢方でのアプローチが功を奏した」ことが、漢方を深く学ぶきっかけになったのだとか。現在は、婦人科をメインに漢方を取り入れているそうです。

 

 

「こころの病で医療機関を受診しようとすると、現代医学では、複数の科での受診が必要になることもあります」

ツムラ_photo

ツムラ_photo

 

 

神経系、免疫系、内分泌系、循環器系……うーん、確かに。西洋医学的分類で書き出していくと、病の原因がどこからなのか、細かく分かれますよね。それによって受診科が変わることもあるわけです。

 

 

「それが、漢方医学だとじつにシンプル。

〈気〉〈血〉〈水〉のバランスを整える

アプローチをするのです」

 

 

たとえば、うつ病。現代医学では神経系や免疫系、内分泌系と関わりがあるとされ、さまざまな治療薬が用いられています。しかし、そのほとんどに副作用があると言われています。また、薬も種類が多いだけに、自分に合った薬が見つかるまで、大変そうですよね。

 

 

 

「漢方医学では、うつ病は〈気〉に問題がある状態と考えます。〈気〉を補う、あるいは調節する、巡らせる漢方薬を処方するのです。

 

補うときは〈人参、黄耆(おうぎ)〉

調節するときは〈厚朴(こうぼく)、柴胡(さいこ)、蘇葉(そよう)〉

巡らせるときは〈陳皮(ちんぴ)、枳実(きじつ)、桂皮(けいひ)〉

 

を使います」

 

 

近頃はプチうつなど、「病院に行くほどではないんだけど」という不調を抱えている人も多いようです。そんな人にも、漢方はうってつけではないかしらん。

ツムラ_photo

ツムラ_photo

 

会場には漢方薬の原料となる生薬が展示されていました。

ふみっちーが知っているものもありましたよ♪

 

 

会場内が笑いと驚きのどよめきに包まれたのは睡眠について。

そうそう、なかなか寝付けないとか、ふみっちーも不眠には少し悩まされてるんですが…

 


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top